五右衛門風呂は楽し

長い間、空家だった古民家を改築する際に、囲炉裏や
おくどさん(かまど)、ぽっちゃん便所も取り壊しました。
けれど、この五右衛門風呂だけは、残しました。
まだ使えそうだったし、タイルが可愛かったから。

焚き火が趣味、という夫は、毎日喜んで風呂焚きをして
います。以前は、たまに食事の支度をしてもらっていた
のに、今は風呂焚きがあるため、役割分担が定着した感
あり。

が、このところ、夫が帰宅する前に私が風呂焚きを始め
ることが多くなりました。寒くなったので、早く沸かして
早く入りたいというのが最初の理由でしたが、今では
こんな楽しいこと、夫にやらせてなるものか(!?)と。

保育園帰りの子供と一緒に、焚きつけ用に杉の葉を拾い
集めるのも、楽しいものです。

*壁は新しくしましたが、その他のタイルは昔のままです。
風呂


私も子供の頃は、五右衛門風呂を焚いていました。
我が家は、お風呂のない古くておんぼろの借家に住んで
いましたが、ある日、父が家の建替えで不要になった
五右衛門風呂を知人からもらって来たのです。
ついでに不要になった材木もたくさん持ち帰り、家の
裏に家族三人で風呂場を作りました。お風呂の釜は
コンクリートで固めただけ。それでも、私にとっては
大満足の出来上がりでした。その後、いくつかの家に
暮らしましたが、鮮明に思い出せるお風呂場はこの
五右衛門風呂だけ。思い出がいっぱいつまっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です