山道の落し物

今朝は近くの山のてっぺんがうっすら白くなっていました。
とはいえ、昼間はしとしと雨降り。その中で裏のおばちゃんは
せっせと畑でなにやら作業。ときどき笛を吹いたり、大声を
出しているので、サルが出ているんだな・・・とわかります。

さて、私もそろそろ犬の散歩に・・・と雨の中、いつもの道を
歩いていたら、落し物をみつけました。
カバーつきの新しい本です。雨に濡れる、と手にとってみたら、

『間違いだらけの中高年の性-高齢化時代の性を考える』
                      石浜淳美著

とありました。
国道から奥に入った、殆ど人通りのない山道で、誰がこんな本
を落としたのでしょう? う~ん、想像がふくらむ~!

サルの出現に森の荒廃を実感し、自然環境について考えさせら
れていたのに、山道の落し物で、今度は高齢化社会について
考えさせられ…「田舎ののどかな生活」というのもむずかしい!

山

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です