鹿害

鹿害が年々、ひどくなる。
近所のおばちゃんが山で採って来る山菜の量も減って
いるし、家の回りの被害も増える一方。うちは犬がい
なくなってから、鹿が平気で庭に出入りするようにな
ったが、それも去年より今年と悪化している。玄関前
のシャガと菖蒲の若芽まで食べられた。

この調子では、梅雨時になると鹿が落としていくヒル
に悩まされるのは必至。息子はすでに「ヒルノック」
というヒルよけスプレーを毎朝、靴にかけている。

山にそんなに食べるものがないのだろうか? 鹿の数
が増えすぎているのだろうか?

のどかな山里の家の回りにネットを張り巡らせること
になりそうだ。

*鹿にも好き嫌いがあるようで、食べられる花、食べ
 られない花がある。
13may09

“鹿害” への3件の返信

  1. 鹿さん、鈴蘭はダメなんですか?。
    この可憐なお花、故郷(北の国です)ではポピュラーなのですが、あんまり好かれてなかったかも。
    お花畑では人間も気持ち悪くなるとか、食べた牛が死んだとか、良い噂を聞かなかったですねー。

  2. なぜかスズラン系は残ってますねぇ。シャガの花もたくさん残ってるんですが、新芽であればほぼ何でも食べちゃうみたいで…。
    近所のおばちゃんは、台所に立ってると鹿と目が合うって言ってました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です