先生の何気ない一言が生徒を傷つける

土曜出勤の夫は、職場の人とお昼を食べて帰るというので、私は合唱の練習を終えた息子を迎えに行き、ふたりで近くの大学の学食に向かった。息子がここのパングラタンを食べたいと言うのだ。学食といっても、美術大学のせいか、とってもおしゃれ。学生たちが建てたログハウス風の建物に、ダンボールで作ったオブジェのような照明、薪ストーブやソファもあり、遠く湖が見渡せる。大きなガラス戸からテラスに出ると、散歩道があって、そこにまたもや不思議なオブジェがある。一列に腰を下ろして、湖を眺めている人たちの彫刻だ。(タイトルは「湖を見るヴォワイアン」)

私は高校の選択授業で美術をとっていた。美術の才能はなかったけれど、音楽の方がもっと苦手だったのと、美術好きの友達が多かったのが理由だ。普段は友達と喋りながら、楽しい時間を過ごしていたのだが、一学期かけての自由制作の課題を課せられた。友達は本格的な油絵の制作に取り掛かっていたが、私はどんな時間をかけても素晴らしい絵が描けるとは思えず、これはもうアイデア勝負でいくしかない・・・と考えた。

そのとき私はスコットランド出身のアイドルバンドに夢中だったので、そのアイドルのポートレイトを作ろうと思っていた。そして、私の思いのたけを伝えるには、どんな手法をとればいいだろう・・・と四六時中考えていた。いいアイデアが浮かばないまま、日にちだけが過ぎていたのだが、ある日、学校帰りの電車の中で瀬戸内海をぼ~っと眺めていたら、ふと迷彩服の兵士の姿が浮かび、「これだ!」と思いついた。(米軍基地のある岩国発の電車だったせい!?)

私が大好きなアイドルの切り抜きを使って、コラージュの手法で大きな肖像画を作るというのが、そのアイデアだった。顔や頭髪部分をよく見ると、そのアイドルのシルエットが迷彩模様のように描かれていて、どこを見ても、そのアイドルだらけ・・・と、まさに私の溢れんばかりの思いを形にするのだ!

そう思いついたら、あとは作業に没頭するだけ。父の透写台を借りて、一番のお気に入りの特大ポスターをトレースし、その後はたくさんの切り抜きの輪郭をなぞり、下絵ができたら、ポスターカラーを延々と塗る。どのパートも大好きなアイドルの姿なので、ひとつひとつ丁寧に、愛情こめて、少しずつ色を変えて塗っていく。実に楽しい作業だった。

ようやく完成した作品に、我ながら大(自己)満足していたのだが、作品発表会で私の達成感はずたずたにされた。各自が自分の作品をみんなの前で発表し、それに先生がコメントをつけるのだが、私の説明を聞いた先生はこうコメントした。「どうせ何かのパクリでしょ」

頭の中に迷彩服が浮かんで、「これだ!」と思った瞬間を説明して反論したいと思ったけれど、私の心は傷ついていて、結局、何も言えなかった。別に私の作品を認めてもらわなくてもいいけれど、私が作品にこめた思いまで否定されたようで、悲しかったのだ。だから、この年になっても、しつこくこのことを覚えている。

そのせいなのか、アートは好きだけど、その後、自分で作品を作ろうと思うことはなくなった。って、単なる言い訳かな。

*これが美大の学食
DSC02859

*息子と「湖を見るヴォワイアン」の一部
DSC02864

母の原爆の記憶

母の日の花束をネットで注文していたせいで、今年もいかがですか?とメールがくる。「そうか~、また母の日か~」と思いつつ、今年は母がいないのだなぁと気づく。ちょっと寂しい。

被災地の悲惨な状況を報道などで聞くたびに、母がちょこっと話してくれた原爆の話を思い出す。田舎の女学生だった母は、広島に原爆が落とされたあと、救援隊として送られた。広島駅から焼け野原の市内を延々と歩き、郊外の学校にたどりつくと、大勢の負傷者が寝かされていて、女学生は食事を運んだり、傷に湧くウジを取ったりしていたそうだ。市内の様子、負傷者の様子は、あまりに悲惨すぎて言葉では表せないと言っていた。毎日、毎日、人が死んでいき、校庭には燃やされた遺体の山ができていたそうだ。その臭いが嫌で嫌で、夜はなんだか怖いので、友達と誘いあわせてトイレに行っていたとか。よく考えたら、母はそのとき14歳だったのだ。

そんな大変なことがあっても、広島の街はちゃんと復興したし、生存者たちも健康に問題はあったかも知れないけれど、意味のある人生を送られたのではないだろうか。うちの母も、病気はいろいろあったし、若い頃には苦労もあったようだけど、晩年は心穏やかな落ち着いた暮らしができて、幸せだったと思う。14歳の母は、まさか現代の豊かで便利な生活を想像だにしなかったろう。

とはいえ、何もなくて必死に生きていた14歳も、最新の医療に助けられて長生きできた晩年も、本人は同じように幸せだったと思う。心配性だったけど、何事にも一生懸命で、いつも希望を持っていたから。

ところで、うちの息子は「母の日」なんて、すっかり忘れている気配。あ~あ。

DSC02788

決断のとき

これまで人生の重大局面での決断で迷ったことは殆どない。自分にとって重要なことほど、心の声がはっきり聞こえるというか、迷うまでもなく、最初から心が決まっているのだ。逆に、どうでもいいことについては、妙に迷ってしまう私がいる。たとえば、レストランのメニューで何を選ぶか、前髪をもう少し短くするべきか・・・といったこと。それから、その中間で、わりと大事なことだけど、しゃきっと心が決まらなかったり、自分の下そうとする決断に自信がないときは、少し猶予期間を置くことにしている。たとえば一日くらい。その間に、その決断を下した場合に起こりうる最悪の状況を想定して、「あ、これくらいなら大丈夫」と思えたら、GOサインを出す。

かつて東京の会社に勤めていたとき、ある日、突然、その会社を辞めたいと思った。望んで入った会社だったけど、仕事の内容はともかく、一緒に働く人たちがあまりにネガティブで(全員じゃないけど)、「これはたまらん!」という思いが少しずつたまっていて、とうとうこの日、私の中で「こんなところは、もう嫌だ」という思いがはじけたのだ。ネガティブな気持ちや悪意が私に向けられれば、言い返したり何なりするのだけど、私とは関係ないところで他の人たちにねちねちやってる様子がいつのまにか耳に入ったりするのが、嫌でたまらなくなった。そして、ふと「あ、この会社を辞めたら、こんな思いをしなくていいんだわ。なんで、今まで気づかなかったんだろう?」と思ったら、気持ちがすっきり。「よ~し、社長に話しに行こう!」と思ったのだが、「待てよ、こんな思いつきで会社を辞めて、あとで後悔したらいけないから、きょう一晩考えよう。明日も同じ気持ちだったら、そのとき社長に話しに行こう」と思いとどまった。

その日の帰り道、雑踏の中を歩いていたら、はるか前方から見たことのある人が歩いてきた。何年も前に別れて以来、一度も会ったことのない彼だ。「うわっ、やばい!」と思ったけど、あっちは暗くうつむき加減に歩いていて、まったく私に気づく気配はない。申し訳ないけど、今見ると、なんだか貧相で情けない感じの人だ。その彼には失礼ながら、私は「やっぱり、別れて正解! 私は正しい決断をして、正しい道を歩んでるんだわ~」と納得し、翌日、社長に退職願を出した。

世間は狭いと実感したのは、関西に引っ越して、結婚して子供ができたあとのこと。京都の友人から本をプレゼントされた。著者は、彼女のご主人の親友で、本には彼女のご主人も登場するから読んでみて・・・とのこと。「ええ~、そんな本をもらっても・・・」と思いつつ、ぺらぺらめくっていたら、あとがきにあの貧相な彼の名前が出ているではないか。この本の制作に携わったらしく、あとで聞くと、友人夫婦も出版パーティで彼と知り合ったという。おかげで彼の近況を友人から聞くことになり、まあ、お互い幸せで何より。私の決断が正しかったことを、この目で確認させてくれた彼には、今でも感謝しております。それにしても、人の縁とは不思議なものよ・・・。

DSC02632

「ねこの森」とオールナイトニッポン

中高時代のことを思い出したついでに、鳩胸厚子という名前の由来を。当時、東京の大学生が「ねこの森」というミニコミ誌を作っていて、その編集長が広島出身ということで、校内でもその雑誌が出回っていた。いつか東京の大学に行きたいと思っていた私も、そのミニコミを通じて大学生の世界を垣間見ていた。で、回りの友達と一緒に編集部に手紙を出すと、返事が返ってきたりして、うわ~、大学生から手紙がきたって喜んだりしていたのだ。たぶん今見たら赤面確実のくだらない手紙を真剣に書いていたと思う。

で、経緯はよく知らないんだけど、ミニコミに触発されてか(?)、いつのまにか高校生(になってたんかな?)の間でノートが回っていた。一冊のノートが、私の通う女子高と近くの男子校の間を往復していて、いろんな人がいろんなことを書き綴っていたのだ。それが私のところにも回ってきたとき、とりあえず考えたペンネームが鳩胸厚子だった。鳩胸で胸板が厚いという自分の体型をそのまんま表しただけ。都合の悪いことはすぐに忘れる性格なので、当時、その名前でどんなことを書いたのか、まったく記憶にない。

けれど、その後、ちゃんと夢かなって東京の大学生になったとき、私はこのペンネームでラジオ番組に投稿してハガキを読まれたことがある。それは、高橋幸宏のオールナイトニッポン。当時、祖師ヶ谷大蔵の安アパートに暮らしていた私は、駅前にできた「フライ男爵」という惣菜屋さんのイカマリネを食べたのが病み付きになり、殆ど毎日のようにイカマリネを買いに行っていたのだが、イカマリネを主食にしていると思われるのが嫌で、毎回、わざわざ違う店員さんに当たるようにして、いかにも初めて客のように装って、迷いながらイカマリネを注文している…という話を書いたのだ。実際、そのハガキを選んでくれたのは、番組を一緒にやっていた放送作家の景山民夫だったと思うのだが、「バカな人ですねぇ」とふたりが笑ってくれたのが嬉しかったことを覚えている。

その後、景山民夫は某新興宗教にはまり、ちょっと腑に落ちない形で亡くなってしまったが、その新興宗教の問題で実はいまこの地域は困っているのだ。そういえば、景山民夫って本籍地は広島で、広島の小学校にも通った時期があったらしい。でもって、同じ信者仲間の小川知子も、広島生まれだった…。

ちなみに、ねこの森に関わっていた学生で、現在マスコミ関係で活躍している人たちも(何人も)いるそうだ。

DSC02441

ぞろ目

きょうは、ようやく自力で山の美容室に行った。車でわずか30分の場所なのに、桜はまだつぼみも膨らんでない! いま咲いているのは、梅の花。

帰宅後は急いでお弁当を作って、息子の送迎。なるべく早い電車で塾に行きたいらしい。どうやら(授業は)学校より塾の方が楽しいようだ。塾がない日も、「塾の宿題が早く終わったら、遊びに行く」と、自分でスケジュールを立てて、がんばっている(!?)。「先生がこんなこと言った、あんなこと言った」と報告してくれるのは、殆どが塾の先生の話。友達に関しては、学校も塾も楽しいようだけど。

自分のことを振り返っても、いま帰省のたびに会っている同級生は小学校の塾仲間だった。田舎の小学校からただひとり、街の中学に進学して心細かったけど、田舎町の同じ塾に通っていた近隣地区の仲間が数人いたことが、どれだけ心強かったか。それから6年間、5時半起きで始発電車に乗って、その仲間と通学したのだ。もしかしたら息子も、いま出会ったばかりの仲間が生涯の友となるのかも知れない。

ところで、ぞろ目を見るたびに「天使のメッセージかも!」と喜んでいた私。テレビでサバンナ八木が、「最近嬉しいこと」として「ぞろ目をよく見る」と発言したのを聞いてしまった。「私、サバンナ八木と同じレベルなんだ…」と、ちょっとガックリ。

DSC02627

シンガポール人の上司の口癖、ハッピーかい?

東電会長の記者会見を見ても、総理等の対応を見ても、トップがこんなことでいいんだろうかと怒りを通り超して、涙が出てくる。

今朝の「す・またん」で辛坊さんが言っていた。批判するのは簡単だけど、批判しても起こったことは変わらない。とにかく事態を何とかしてもらいたいから、今まで批判は控えてきた。だけど、ここまでの対応を見ていると、この人たちは批判を受けないとなかなか動かない。だからもう批判しなくちゃダメだ…というようなことを。

先日、かつての職場の香港人の上司の話をしたけれど、さらにその上に、私が尊敬するもうひとりの上司がいた。トレーディングルームを拡張するに当たって、シンガポールから突然呼び寄せられた華人のボスだ。本来なら支店長と同等のポジションの人なのだが、急遽、任務を与えられてやって来たため、オフィスも秘書もない状態。取り急ぎ、ガラス張りのトレーディングルームの隣にスペースを作り、最初は支店長秘書が面倒をみていたが、その後、トレーディングルームで最年少で唯一の女性だった私が上司のお茶くみなどの雑用を受け持った。といっても、トレーディングルーム内の仕事が優先なので、タイミングを見計らって、ガラス越しに上司とジェスチャーでやりとりして、お茶を入れていた。

この上司は、広東語を喋るシンガポール人だったので、香港人の上司とは広東語で楽しそうに喋っていた。そして、いつも気さくにトレーディングルームのスタッフ全員に声をかけてくれた。ひとりひとりの席に来て、「元気かい? 困っていることはないかい? ハッピーかい?」と尋ねるのだ。ひとり暮らしの私には、「田舎のお父さん、お母さんも元気?」とまで訊いてくれる。彼に言わせれば、「ハッピーでなければ、仕事に集中できない。私生活がハッピーじゃないと、仕事もハッピーにできない。部下にはハッピーに仕事をしてほしい」ということだった。

ある日、スタッフ全員を集めての会社のパーティが開かれた。ただし、夕方の時間、トレーディングルームを空にするわけにはいかず、私を含め下っ端の若手数人が留守番をしていた。するとパーティの途中で、シンガポール人の上司がトレーディングルームの様子を見に来た。もしかしたら、私たちが信頼されていなくて心配だったのかも知れないが、上司は若い私たちにねぎらいの言葉をかけてくれた。「みんながパーティで楽しい時間を過ごしているときに、ここに残って仕事をしてくれて、ありがとう。来年のパーティは、参加できるから、今年は我慢してくれ。僕が若い頃は、そもそもパーティなんて最初から参加できなかったんだよ。」

それから、私はその上司に、女性で唯一、トレーディングルームに配属してもらったことについてお礼を言ったことがある。すると、「配属を決めたのは僕だけど、感謝する相手は、君の回りの同僚たちだ。僕が新しいメンバーを外で募集しようか、それとも社内で誰かいい人がいるか尋ねたら、みんなが君がいいと推薦してくれた。君は一生懸命やっていると」と答えてくれた。

いよいよ上司の離日が決まり、東京での最後の出勤日。これも最後と思いつつ、午後のコーヒーを持って行ったら、上司がお礼を言ってくれた。「本当は君の仕事ではないのに、ずっと長いこと、僕のために毎日コーヒーを入れてくれて、ありがとう。明日からは、この任務から解放されるよ」と。

彼のためなら、本来の任務でないことも、喜んでお手伝いしたい。そう思える人だった。旧宗主国の人たちが幹部職を占めるシンガポールの職場で、現地人としてトップのポジションについていたというだけあって、人の心をしっかり掴む、叩き上げの、器の大きな人だった。

そういえば、細身でひょろりと背の高い彼が、皮肉まじりに言っていたことがある。「背が高いのは、いいものだよ。上司を見下ろして喋ることができるから。」きっと、いろんな苦労があったのだろう。
香港人の上司とともに、今も私が感謝している恩人だ。

ちなみに、東電の副社長もやけに長身だったよね…。

DSC02439

原爆の思い出と原発事故

今朝、5時起きで子供は合唱団の全国大会へと旅立って行った。目的地は西日本なので震災の影響もないのだが、しみじみと見送ってしまった。

亡き母は原爆が落ちたとき14歳で、広島の田舎の女学校の生徒だった。原爆のあと、学校から選抜された生徒たちが救護隊として送られ、母もそのメンバーだった。

そのとき祖父が「お前には行かせたくない」と母に言ったという話を聞いて、「自分勝手な父親だ。そう思っても、それを口に出してはいかんだろ」と思ったことがあるのだが、いま自分も親となり、祖父の気持ちが痛いほどわかる。特に母は6人兄弟の末っ子で、祖父母からそれはそれは可愛がられていたらしい。自分が行くならともかく、子供を行かせるのは忍びない。それが親の気持ちだろう。

先日、子供とテレビを見ていたとき、思わず我慢していた涙がどっと溢れた。そして、ひとしきり子供と話した。これからこの国を復興するには長い年月がかかる。お母さんたちももちろん頑張るけど、この国の将来を担っていくのは、お前たちの世代だから、しっかり頑張ってくれよと。

それにしても…被災地のために義援金を送るといった支援はできても、原発に関して私にできることは何もない。ただただ一日も早い収束と、現場で作業する方々の安全を祈るのみ。

*新潮社『Foresight』の記事、お薦めです。
 原子力安全委員会はどこへいった?

*近所で評判の「いちご大福」。特大サイズのいちご!
DSC02533

香港人の上司と相馬の友達

「菅さんは、原子力委員会の委員長を呼びつけて、激しく叱責しただけ。 そうじゃなくて、『あなたに全権限を与える。責任は私が取るから、すぐやって 下さい』って言わなきゃダメだ」と、昨日のアンカーで青山さんが言っていた。ほんと、その通り。でも、そこまで腹の座ったリーダーって、実は滅多にいないのかも知れない。

かつて東京のあるトレーディングルームで働いていた頃(先日、書いたのとは別の職場です)、私たちの権限を超える金額の取引を求められたことがある。一応、私たちはプライスを出す準備はしていたのだが、上司(日本人)は支店長(外国人)に許可をもらわないと…と、あたふた。プライスは刻々と変わるので、相手も早い対応を求めているのだが、結局かなりの時間、待たせた挙句、支店長がつかまらないとうだうだしているうちに、取引はなくなった。

それから数日後、再び同じことが起きたのだが、そのとき上司は不在。そこで隣のグループの上司(香港人)に尋ねると、金額を確認した上で、「OK、何かあれば僕が責任とるから、君はプライスを出しなさい」と即答。そして、すぐに取引完了。支店長への説明といった事後処理は、その上司がやってくれたので、私たちは通常の業務をこなし、問題は一切なかった。

それ以降(いや、実はそれ以前から)、私たち若手の信頼は一気に香港人の上司に集中した。しばらくして、彼が休暇でいなくなるとき、私たちはふと不安の言葉を漏らしてしまった。すると上司は、こう言った。「あのね、僕がいなくても、会社はちゃんと回っていくんだよ。例えば、いま僕がちょっと買い物に出て、車にはねられて死んだとしても、会社の業務は滞りなく進んでいく。誰かひとりがいなくなったからといって、会社はダメになったりしない。だから安心して、やるべき仕事をやっていれば大丈夫。ただし、家族にとって僕の代わりはいないんだ」。

その大切な家族のために、責任を持って仕事をする。そんな彼の姿勢を見て、私ははっとさせられた。この上司とは家族ぐるみのおつきあいを通して、公私ともにいろいろお世話になり、いろいろ教えられた。お上を信じず、お上に頼らず生きてきた人は、性根が違う!

ところで東北には殆ど縁のない私だが、この頃、職場で知り会った友人が相馬の人だった。ミスドで朝まで語り明かしたり、戸越銀座に遊びに行ったり、一緒にソウル旅行もした。その後、イタリアで修行したシェフのお兄さんと地元に帰り、焼肉屋さんを開いたと聞いて、約20年前に一度、相馬に遊びに行った。けれど10年程前から音信普通になっている。

震災後、昔のアドレス帳を探し出し、彼女の住所を調べたら、その番地の家はなくなっていたので、どこかに引っ越したのだと思う。今はどこにいるのだろう。また何かの偶然か奇跡が起こって、彼女と連絡がとれることを祈っている。

DSC02442

地震嫌い

もしかして前世で何かあったのかも知れないが、私は昔から「地震でだけは死にたくない」という気持ちが強い。大都市で大型災害に遭いたくないというのも、東京を離れた理由のひとつであった。関西に来てからも、万一、大地震が来ても命さえあれば、一週間くらいは自給自足できそうな場所(きれいな水が流れている場所)を選んできたし、東南海地震も来ていないのに住宅ローンで家を買うことは絶対しないと決めている。山の家はキャッシュで買えたし、茅葺屋根にトタンをかぶせた古民家なので、屋根が軽く、地震がきても上物が揺れるだけで床の揺れは殆ど感じない構造だった。とはいえ、いつまでも田舎にこもってもいられず、街中に出てきたのだが、新築の賃貸住宅なので「命だけ助かれば、家はどうなってもいい」という気持ちだ。幸い、ここは津波もこない。

ああ、だけど…テレビの惨状を見ると、言葉を失う。瀬戸内で育った私は、瀬戸内海沿岸や琵琶湖の湖畔に暮らすことには憧れていたが、太平洋や日本海の沿岸に暮らしたいと思ったことはない。たくさんの島々が浮かぶ穏やかな海しか知らない私は、延々と広がる太平洋や波の荒い日本海は、見ているだけで怖くなる。こんなところに家を建てて住もうなんて思わない。けれど、そこで生まれ育った人にとっては、そこに大海があるのは当たり前で、それが心休まる景色であって、仕事や生活の場になっていたのだろう。

昔、テレビの番組でネイティブアメリカンの酋長が、地震が起きると「ああ、地球が生きている!」と喜ぶ(?)場面を見たことがある。確かに、これは単なる地球の活動であって、主に人間だけがそれに翻弄されているのだろう。人間が単なる猿だったなら、安全な場所にさっさと逃げて、新しい寝床を作って、いつもと変わりなく暮らしているのかも。

だけど、人間には知恵がありすぎて、原発施設まで作ってしまった。これをコントロールする知恵と力も、備わっていると信じたい。きょうも、ただただ祈っている。

*阪神大震災の2日前、比叡山では猿が一斉に出てきて、大騒ぎしたそうだ。

*夫から、ホワイトデーのケーキ。
DSC02435

キューピッド物語

天使のお陰か何なのか、このところ何年も音信不通だった人から次々とメールが入る。これは、何なのだろう?

きょうは、もう何年も年賀状以外のやりとりはしていなかった大学時代のクラスメートからメールがきた。何年も前に私が紹介したドイツ人が、テレビに出ていたらしい。とっくに帰国したと思っていたドイツ人が、赤ちゃんを抱いて街頭インタビューに答えているのを見て、「彼女は結婚して日本にいるのですか?」とメールしてくれたのだ。

このクラスメートは、かつて某日本企業の社員としてドイツに暮らしていた。特に親しいわけではなかったが、私がパリに留学したのを風の便りに聞き、一度、ドイツからパリに遊びに来てくれた。その後、ふたりとも東京に戻っていたのだが、互いの連絡先は知らぬままだった。

ある日曜日、用事があって東京駅から中央線に乗ろうとしたとき、同じホームに彼女の姿をみつけた。外国人グループを年配の日本人男性とふたりで引率しているようで、明らかに仕事中である。声をかけるのもはばかられ(遠かったし)、一生懸命手を振ったけど、気づいてもらえず、私も時間が迫っていたので、そのまま電車に乗ってしまった。

声をかけておくべきだったなぁと思いつつ、その週の水曜だったか祭日の日に友達と待ち合わせした表参道に向かった。そして地下鉄からホームに下りたと思ったら、目の前に彼女が立っていた。私は思わず、「日曜に東京駅で見かけたのよ~、電車の時間が迫ってて、声かけられなかったけど」と言うと、彼女も「私は月曜の夜、あなたに電話したのよ。友人に電話番号を教えてもらって。でも留守電だったから、伝言を残さずに切ってしまったの」と言う。お互いにビックリして、連絡先を交換し、近々会う約束をした。

後日、ふたりで会ったとき、彼女は違う業界への転職を考えていて、私にアドバイスを求めてきた。ちょうど、その業界でバリバリ働いている女性を知っていたので、「よく飲み会をする人だし、今度、飲み会があれば誘ってもらうよう言っておくわ」と話しておいた。するとまもなく、そんなに頻繁に連絡をとっていなかったその女性から、「飲み会するんだけど、女性が少ないから参加してくれない?」と電話があった。もちろん、ドイツ帰りの彼女も誘って参加する旨を伝えた。

ところが当日、何を食べてもお腹を壊さないと豪語するほど強靭な胃袋を持っていた私が、なぜか突然の食あたりで、会社を休んでしまった。ドイツ帰りの彼女は、ひとりきりで知らない人ばかりの飲み会に参加することを躊躇していたが、「私も、誘ってくれた女性しか知り合いはいないけど、彼女はとってもフレンドリーな人だから、何も心配しなくて大丈夫。彼女の友人なら、みんな楽しい人ばかりよ。絶対、行くべき!」と私は彼女の背中を押した。

それから数ヵ月後、彼女から会おうと連絡があった。転職活動に進展があったのかと思い、出かけていくと、開口一番、彼女はこう告げた。「実は結婚することになったの。」ええ~っ!? 相手は飲み会で出会った男性だという。再び、ええ~っ!? 出会って数ヶ月で結婚!?

実は彼女、大学の頃から男子に大人気のモテモテ女性だったのだが、これまでずっと独身を貫いていた。先日、話したときも、「結婚なんて考えられないし、転職してもっと仕事にがんばりたい」と言っていたのだ。だから私は思わず訊いてしまった。
「あなたは昔からモテたし、彼氏もずっといたし、結婚話もいくらでもあったと思うけど、それでも結婚しなかったでしょ。なのに、今回こんな突然に。いったいどうしてなの?」
彼女の答えはただ一言。
「理想の男性に出会ったから」
はぁ~、なるほど! そりゃ、納得。

そして彼女はひとしきり私に感謝してくれた。私のおかげで彼に出会ったのだと。けれど、よく考えれば、私たちも何かに導かれるかのように東京で再会していたわけだから、すべては最初から決められていたのかも。私は単に、ふたりを引き合わせるキューピッドの役割を仰せつかっていたのかも知れない。

当時、まったく恋愛運に恵まれていなかった私は、「いま、こうやって他人様のキューピッドになれたのなら、いずれ私の理想の男性も現れるだろう」と自分に言い聞かせていた。そして、それが本当に現実となっている。

さてさて、ドイツ人の友人にも久々にメールして、クラスメートからのメッセージを伝えなければ。

*天使を迎えるために白い花をいくつも部屋に飾ったら、夫もお花をもらってきた。
DSC02413