ちくわ笛

小さい仕事を抱えながらも、少し時間に余裕ができ、たまった新聞を読んだ。「その日に読まなきゃ意味ないじゃん」とも思うが、ここは新聞配達の区域外なので、朝起きたら新聞が読めるわけではない。その日の朝刊と前日の夕刊が郵便で届くのが、大体午前十時。しかも郵送料は自己負担なので、古新聞も読まずに捨てる気になれない。(最終的には風呂焚きに使われるのだが)。

なので、私の観点は最新の情報よりも、いかに面白いニュースを探すかにある。そして、昨日の新聞の文化欄に久々のヒットをみつけた。

ちくわ笛に命吹き込む

岡山市の職員の男性が、ちくわに穴をあけて笛を作り、演奏活動をしているというもの。ご本人の寄稿により、その苦労がうかがえる。
ついに大事なことを悟った。ちくわは生きているのだ」とか、
鯛をふんだんに使った高価なちくわが最良と分かった」とか、
演奏後のちくわは必ず家に持って帰って食べること」とか、
思わず笑ってしまうが大切なことが書かれている。読んでいるうちに、私は笑いながらも感動を覚えた。

この文化欄には内容が学術的なもの、著名な方の寄稿なども多いが、地方の一般市民の非常にユニークな活動が本人の寄稿により発表されることもある。実は、これが一番面白い。こういう人たちをみつけてきて、全国紙に発表の場を与えるなんて、しゃれている。

もう十年以上も前の文化欄の記事を、私は今も覚えている。本職は不明だがある男性が公園の砂場などに残る犬の足跡を石膏で固めて取り続けていた。それがアート作品としてコンテストに入賞し、ニューヨークに招待された彼はセントラルパークでも犬の足跡を取り続け、「アメリカの犬は大きい!」などと感心していたのだ。なぜ、彼がそこまで足跡に情熱を燃やすのかはさだかではなかったが、そのひたむきさとたゆまぬ努力には感動した。

そう、感動の種はどこにでもある。人生はその気になれば、いくらでも面白くなるのだ。

ありがとう、ちくわ笛名人、住宅正人(スミタク・マサト)さん!

*このところ雨が続き、霧だらけです。
tikuaw

Depeche Mode(デペッシュモード、初来日でサインもらったなぁ!)

フレディ追悼ライヴに刺激されたのか、久々に音楽を聴きたいモードになっている。若い頃は、四六時中音楽を聴いていないと嫌だったのに、関西に越して来てからは静寂を楽しむようになり、外の小川の流れや鳥や虫の鳴き声に癒されていた。最近になって、ときたま音楽を聴きたいと思うようになったが、もっぱら昔のCDばかりを聴いていた。ところが、夫がFMラジオを聴ける状態にしてくれたお陰で、最近はBBCの最新ヒットチャート番組を聴くようになった。

そこでチャートインしていたのが、Depeche Modeの新譜。80年のデビュー以来、ずっと彼らのファンだった私は、今も彼らが現役として新作を出し続けていることにも感動したが、CDを買ってますます感動。彼らの音楽の集大成のような作品でありながら、新しい! 常に時代の先端を行く彼らは今も健在だ。

私とほぼ同世代の彼らの活躍は、本当に嬉しい。U2ほどおやじになっていないところもさすがだ。デビュー当初は、イギリスのパッとしないもてない君たちが集まってできたバンドかと思いきや、初来日のニューラテンクオーターでのライヴに出かけて、その美少年ぶりにびっくりしたものだ。しかも待ち時間に偶然、会場横のホテルで出会うと、気さくにサインに応じてくれた。(そのときスタッフと間違えて話しかけた人が、なんとピーター・バラカン氏であった。)

彼らの人生にもいろいろなことがあったのだろうが、それでもこうやってすばらしい音楽を作り続けていることに感謝したい。私が最初に好きになったアイドルバンドはとうに解散し、悲惨な人生をたどっているメンバーもいる。人気にも、お金にも、地位にも名誉にも才能にもその他の誘惑にも惑わされてはいけない。

さあ、きょうもFMでバラカンさんの番組を聴こう。

depeche

*関連記事「デペッシュモードはどうして来日しないのか

キアヌとアンディとトニー

テレビの芸能ニュースで、キアヌ・リーブスアンディ・ラウトニー・レオンが来日したと伝えていた。みんな好きだが、キアヌに注目が集まって、トニーの映像が少なかったのが残念。

私は一時、かなり香港映画にはまっていた。最初はアンディ。彼が主演のウォン・カーウァイ初監督作品をユーロスペースで観て以来だ。その後、私はカーウァイ監督の二作目の応援団に参加し、その活動の一環で出演者のトニーカリーナ・ラウとの会合に出席するチャンスがあったのだが、迷った挙句、私はその日、武道館での坂本龍一のコンサートに行った。こちらも感動だったが、それは私が生トニーを見たことがなかったから言えたのだ。

その後、私は香港アンディジャッキー・チョンのコンサートも見たし、東京でアンディの舞台挨拶や、今は亡きレスリー・チャンの記者会見やファンの集いにも行ったし、そうそう、転職後の初仕事としてレオン・カーファイにも取材した。みんな、みんな、それは魅力的で、まさにスターのオーラを持った人たちだった。

しかし、しかし…トニーなのである!
その頃の私はジャッキーの歌声、そのたたずまいや演技力にかなり心酔していたのだが、当時、香港にいた友人にくっついてカーウァイ監督の新作の制作発表記者会見に行き、トニーを間近に見た途端、やられてしまったのだ。あの色っぽい目線に。隣には美しいレスリーがいるのに、私はトニーに釘付けになった。

万一、実生活でこんな男と出会ったりしたら、それこそ大変なことになるのではないか…と思わせるほど色気たっぷりの男。それ<がトニー・レオンだった。(あくまでも私の意見だが。)ちなみに、このとき友人にくっついて撮影現場にお邪魔したのだが、友人には英語で話しかけたスタッフが、隣の私には北京語で話しかけてきた。私は日本人に見えなかったということね? 確かに北京に一年滞在した後で、北京の香りがしていたのかも知れないが…。買い物に行っても、店員さんに広東語でも英語でもなく、北京語で「謝謝」と言われたし、空港でも中国人に間違われた。それも北京語ができるからではなく、単に見た目の印象で。北京にいた頃は、中国人からは中国人に、韓国人からは韓国人に、日本人からは謎のアジア人と思われることが多かったんだけどね。

*写真はトニーとまったく関係なし。きょう、裏のおばちゃんからもらった山菜と庭でとったつくし(の一部)。山菜づくしの夕飯となりました。うちの庭にも食べられる野草がたくさん生えていることを教えてもらった!

山菜

Martin FryとTony Hadley(なんて知らない?)

なにを思ったか、昨晩ネットでマーティン・フライを検索した。
80年代にABCというバンドで一世を風靡した(?)シンガーだ。
するとビックリ、なんと二月からABCがトニー・ハドリーとツアー
をするそうな! まだ活動していたんだ、しかも同じく私が大好き
だったシンガー、トニー・ハドリーと。

くだらない話だけど…と、このことを大学時代の友人に早速メール
した。今朝、彼女から「くだらなくない話だよ」と返事がきた。
思えば、彼女と出会ったのは、渋谷のパルコの前。マーティン・
フライの公開トークショウ(?)があるというので、私は朝早くか
ら友達と一緒に整理券を取りに行った。実はそんな早くに行かなく
ても、余裕で入場できたんだけどね。で、私たち以外に並んでいた
のが、彼女とその友達。ふっと見たら、彼女が私の大学の手帳を持
っていたので、話をしてみたら、同じ大学の同学年。しかも、彼女
は一時、私の実家の近くに住んだことがあるという。たぶん、高校
時代は同じ電車で通学していたらしいとわかり、話がはずみ、今に
至る…というわけ。

彼女に限らず、人の出会い、縁というのは不思議なものだ。
ちなみに、このトークショウで私はマーティン・フライに手紙とプ
レゼントを渡した。しばらくして、マーティンから返事がきた。
私の日記風の手紙のことを「masterpiece」だ!と言ってくれた。
そして、自分が最近見た映画やライヴの感想や近況などを綴り、
put pen to paper soooon!と結んであった。そのあと、ピクチャー
シングルも送られてきた。いい人だなあ…と感動した。

saru2

“Martin FryとTony Hadley(なんて知らない?)” の続きを読む

鑑真和上とヨン様

数年ぶりに奈良を訪ねました。
80歳を過ぎたおばの見舞いが目的です。
思いのほか元気な姿に安心しましたが、そうとう
愚痴がたまっていたらしく、私の夫を連れ出し、
ひとしきり喋っていました。私に言っても笑われ
るだけだからと。(たしかに。)

さすがに夫がかわいそうになり、そろそろいいだ
ろうと助け舟を出しに飲み物をもっていき、冬ソナ
の話題を出したら、おばの表情がぱっと明るくな
りました。そして、またひとしきり喋る、喋る。
冬ソナは20回は見たそうです。巷には50回も見た人
がいると聞いて驚いていたけど、私の身近にも
似た人がいたなんて。(しかも血縁者!)

おばは、ベッドに横になり、顔の下にハンカチを
敷いて見るのだそうです。涙をいちいち拭わなく
てもすむように。

しかし、おばと話を合わせるために冬ソナを見たと
いうお嫁さんが、気の毒でした。
寺

“鑑真和上とヨン様” の続きを読む

冬ソナの効用

やっと冬ソナ、見終わりました。
夫の職場の先輩は奥さんのためにDVDを入手したものの、
自分は見ていないのだとか。「冬ソナって、そんなにいいの?」
と訊かれた夫は、なんと答えたか。
雪が降っても、私が怒らなくなった…ですと。
たしかに。

このお正月も60センチほどの積雪となりましたが、私は雪を
見るだけで冬ソナの世界に浸って、うっとりしておりました。

去年、初めての冬をここで迎えたときは、最初こそ喜んでい
たものの、雪が降るたびに「寒い!」、「雪かきで肩がこる」、
「出かけられない!」、「車のバッテリーがあがった」など
と文句たらたらでした。

温暖な地方で育った私は、「なんでこんな寒いの!」とマジで
怒っていたのですが、雪国の人はなんと我慢強いことか。
見習わなくては。

それにしても、私にとっての冬ソナの効用は、夫とのなにげない
会話も冬ソナごっこで盛り上がること。「チュンサン」と呼べば、
「ユジン」と答えてくれる。20話もあるから、ネタもたくさん。

さしつかえなければ、みなさんもパートナーや恋人と一緒にごら
んになることをお勧めします。
mori

冬ソナについて

テレビをつけても、気の滅入るニュースか、くだらないバラエティ。だからというわけじゃないけど、マジではまっています。冬ソナ。いまさらですが。クリスマスのディナー(というほどのもんじゃないが)も早々に切り上げ、子供を寝かせ、こたつに入って、DVDに釘付けです。メールをしたり、年賀状を書きながら見ようと思っていたのに、そんなの無理、無理。

NHK総合で放送されていた頃、偶然にちらっと見たときには、「なんだ、このメロドラマは!?」という印象しかなかったのに、最初から見ていくと、もう、はまる、はまる。なぜ、ユジンがあんなに涙を流すのか、わかる、わかる。

夫とふたりで見ていると、互いにウルウルくるポイントが違っていたりして、それもまた面白い。そして、ふたりしてヨン様のセリフにノックアウトされるのです。あんな言葉を言われて、惚れない女はいないだろう。なんと心の広い男だ!と。夫はヨン様のセリフを、いくつもいくつも、心のメモに書き留めています。いったい、いつ使うつもりだ?

それにしても、ヨン様(というか役名でいえばミニョンさん)のセリフはすばらしい。「私にも言って、言って!」、と日本中のおばさん(だけでなく若い女性も)が思ったとしても不思議ではない!

が、私たちはこれ、日本語の吹き替えで聞いてるんです。萩原聖人の声がいまいち高めで、ちょっと不満なんだけど。だから、二回目は字幕で見ようと思っています。なるほど、こうやってみんな、韓国語バージョンに流れ、やがて韓国語クラスに通うようになるのだな…。多分ヨン様のセリフを紅毛碧眼の青年が言っても、ダメなんだよね。見た目は日本人と変わらなくて、でも、日本人の男にはとても言えないことを言ってくれる。これが、おばさんたちの心をくすぐるのは当然でしょう。(私もくすぐられてますよ、おおいに。)

そんなわけで、お正月の準備がなかなか進みません。このところ寝坊も続いてます。夫との会話も、冬ソナの引用ばかり。ああ、おそるべし、冬ソナ。

リース

“冬ソナについて” の続きを読む

遅ればせの冬ソナ、そして初雪

今になって、やっと冬ソナを見始めました。
夫と共に冷静に分析したり、茶化したりしながらも、
私はときどきウルウル。なるほど、これはハマるな、
と納得。夜半すぎまで一気に四話見てしまいました。

初雪の日に好きな人と待ち合わせると、その恋は実る、
と韓国では言われているとか。初雪の日のデートは
このドラマの名場面です。

そして今朝起きると、うっすらと初雪が積もって
いるではないですか。まさに気分は冬ソナ!
出勤する夫も、隣の空き地で降りしきる雪の中、
ひとり冬ソナをやっていました。

やっぱり、人間、ときには涙を流さないといけ
ませんね。

初雪