apish

ここ半年ほど住民運動に忙殺されて、普段の生活のいろいろな部分をなおざりにしてきた。家事は手を抜きまくり、庭は草ぼうぼう。そしてふと気づいたら、毎週予約にしていたテレビ番組の録画が大量に溜まっていた。

中でも朝日ニュースターの『宮崎哲弥のトーキングヘッズ』は、6月以降の番組がずっと溜まっていたので、それを今、ようやく見ているところ。きょうはやっと7月放送分に到達。しかし、だんだん疲れてきた。次の録画分の再生を始めると、テーマが「女性のきれいをひきだすために」、ゲストはカリスマ美容師の坂巻哲也氏だという。はっきり言って知らない人だし、おしゃれにもあんまり興味ないし、再生を止めて消去しちゃおうかな・・・と思ったのだが、せっかく録ったんだし、ま、見ておこうか・・・と思いとどまった。

この坂巻氏、本当に申し訳ないのだが、一見、ちゃらくて軽い美容師さんに思えて、興味がわかなかったのだが、実は宮崎哲っちゃんと同い年だった。その年齢が意外だった上に、お話が面白くて、いつの間にか私は画面に釘付けになっていた。

ラグビーに青春を捧げた高校時代、怪我のために将来の夢を断たれ、一時はグレたものの、美容室でのバイトがきっかけで美容師を志した。東京の有名美容室に就職し、すばらしい師の下で夢中で頑張り、24歳で店長に抜擢されたのも束の間、命に関わる大病に侵され、一時は自暴自棄に。しかし父や師の手紙に励まされ、また偶然、病室から見えた美容学校の生徒たちの姿に励まされ、奇跡的に復活を遂げた。が、自分を励ましてくれた師が、実は同じ病でこの世を去り、坂巻氏はその師を越える美容師になることを誓って精進を続け、やがて独立して「apish」を設立し、現在に至る・・・という波乱の人生物語! ソフトな語り口に、こちらも思わず引き込まれてしまった。

「引き寄せノート」や「震災ボランティア」や「会社経営」など、ほかにも興味深い話題が盛りだくさん。「女性のきれいをひきだすために」というテーマとはあまり関係のない話が殆どだったが、最後の最後に坂巻氏が提案していたのが“ウィッグ”。洋服を着替えるように、髪型も着替えて欲しいというコンセプトから、おしゃれ用のウィッグを開発したのだという。それも前髪など、部分的なウィッグ。それをつけて、自分なりにセットすれば、いろいろな髪型を楽しめるのだと。

不器用で髪のブロウやセットなどまるっきり出来ない私が、最後の最後でこのウィッグの話に食いついてしまった。「これはいい!」と。普段はおしゃれなんて、あんまり興味ないくせに。

そしてなんと・・・この録画を見た直後、apishのホームページを検索して、ウィッグを注文してしまったのです。夫にもまだ内緒。ああ、坂巻マジックにやられてしまいました。

でも、本当にいいお話を聞かせてもらえて、大感謝。と同時に、変な先入観を持っていたことを反省・・・。私も引き寄せノート、真似しようっと。

*今朝、比叡山がうっすら白くなっていた。そろそろ本格的な冬の到来!
DSC03599

スウィート・ヒアアフター

長いこと仕事でお世話になっている方から本が届いた。このところ、「ゆっくりとお茶を飲みながら読書」なんて時間をまったく持てないでいた私。思わずページをパラパラとめくって読み始めた。なんと物語の舞台は、私が知っている場所だ。正確には、この場所のモデルとなったところ。きっと、私も何度も訪ねたことのあるアトリエだ。

せつないストーリーなのに、ちょっとわくわくしながら読み進めている。

DSC03564

大人の学芸会

息子は朝から塾のイベントに出かけて行った。お陰で私はきょうも弁当係り。

午後、夫の運転で息子を迎えに行ったあと、私だけ京都の街中で下ろしてもらった。実は夕方から毎年恒例のライヴがあるのだ。ほぼ毎年のように近県の友達と一緒に観に行っているのだが、今年は去年初参戦した中学生女子に加え、彼女のお母さんと同級生も参加。総勢5名(うち中学生2名)となった。

ライヴといっても出演者は殆どがアマチュアで、しかも私たちと同年代の方が多い。こう言ってはなんだが、まるで大人の学芸会だ。みんな真剣だし、レベルもそれなりに高いけど、「若い中学生女子にとって人生初のライヴがこれでいいのか?」という気がしないでもない。いや、演ってる人たちは心から楽しんでいるし、音楽のすばらしさを十分味わえることは間違いないんだけどね~。

それから、きょうのライヴで時代を感じた点がひとつ。何人かの演奏者がiPadをもっていたこと。楽譜としてキーボード奏者などが使っていたのだ。なるほどね~。ヴォーカルの人も楽譜立てにiPadを立てていた。歌いながらiPadをめくる姿もサマになってましたわ。

*他人事とは思えない爆笑ライヴでした。
DSC03570

NHKアジアン食堂番宣

きょうの夕方、近所の友人に用事があってメールをしたら、返事がきて、最後に「いまテレビに山の集落の人が出ているよ!」と書いてある。急いでテレビをつけて、夕方のローカルニュースを見ると、懐かしい山の集落の友人夫婦が映っているではないか! インドネシア人のご主人と京都育ちの奥さんとで、山の集落でテンペを作っているのだ。これまでも新聞やテレビなどで何度か取材されていたが、今回はもっと大々的。明日のローカルニュースにも登場し、明日の晩には関西エリアで30分番組が放送されるらしい。つまり、きょうは番宣なのだ。

あとでこの友人にメールしたら、「恥ずかしいから回りの人には言えなかったんだけど・・・」とのこと。いや~、近所の友達に教えてもらって、よかった。明日の番組もしっかり録画予約しておいた。楽しみだわ!

*友人夫婦はあの山の向こう側でテンペを作っている。
DSC03474

アリアドネの弾丸(ドラマ)

最近はTVのドラマもバラエティもほぼ見なくなったのだが、ドラマ『アリアドネの弾丸』だけは家族全員で楽しみに見ていた。これは海堂尊の「田口・白鳥シリーズ」の最終作・・・なのかな!? このシリーズ小説をすべて読んだ息子によれば、『アリアドネの弾丸』が一番面白いらしいのだが、テレビドラマはどうやら小説とは違う話になっているらしい。しかし、それはそれでまた面白く、火曜日は塾の帰りが遅いというのに、息子は必ず追いかけ再生で、このドラマを見てきた。

息子からはずっと前から、「これ、面白いから、読みなよ」と海堂尊の小説を何冊も手渡されている。(いや、それ以外にも読めと言って渡された漫画や本が何冊も・・・)時々、「もう読んだ?」と訊かれるのだが、殆ど読めていない私。息子としては、早く読んで、この面白さを体験して欲しいということらしいのだが、私は自分で買った本すらまともに読めていないのだ。

んで、きょう、ドラマ『アリアドネの弾丸』は最終回を迎えた。息子も夫もすでに原作を読んでいるので、私だけがまっさらな頭でこのドラマを見始めたのだけど、結局、事件の犯人を当てたのは私だけだったのだよ。(うふ!)もう何週間も前から、犯人はこいつだと目星がついてたのよ。(うふ!)種明かしをすれば、「脇役をやってる俳優さん、けっこう有名だから、きっともっと出番があるに違いない」と思っただけなんだけど。話の展開というよりは、キャストの問題。あ、それ以外にも、「これが伏線となるのかなぁ」と思わせる、気になるセリフもあったのだ。

「どうだ、本を読んでなくても、当てただろう!」って、意味もなく自慢をした母でした。(ほかに自慢できるものがない、きょうこの頃。)

*清水の舞台で突然のゲリラ豪雨で濡れそうになったというグランドピアノ。
DSC03284

清水の舞台で川上ミネさんコンサート

DSC03275 仕事でいろいろお世話になっている友人から、コンサートに誘われた。夜の清水寺の舞台でピアノを聴こうと。息子は彼女の家の子供たちと一緒に留守番をして、私たち夫婦は彼女と一緒に京都で美味しいカレーを食べてから、清水寺へ。

祗園辺りでものすごいゲリラ豪雨に見舞われ、どうなることかと思ったが、コンサート開始後は雨も降らず、美しい京都の夜景や山の姿、虫の音が楽しめた。その中で、弾き手の心の丈を奏でるピアノの音色が、私たちに語りかける。曲の合間のお喋りも楽しく、また途中で席替えを提案される大胆さ。言われるままに、私は清水の奥の院まで散歩しながら、ピアノを聴いた。

このところ、住民運動に忙殺されて身も心も疲れていたので、清らかな自然の音とピアノの音が身体に染み入り、心を癒してくれた。思えば、私と夫が初めてツーショット写真を撮ったのが、この場所だった。あの日、この場所に来ていなかったら、今の私たちはなかっただろう。

お陰で、私たちの原点を振り返るいい機会になった。コンサートに招いてくれた友人に感謝したい! 人気のない夜の五条坂を歩いて帰るのも、楽しかった!

*清水寺舞台ライトアップ ピアノリサイタルDSC03277

ジャックはまめ~。

先日、我が家ではルパン3世の替え歌で、「ジュバン、ジュバーン!」と歌っている話をしたが、これについては夫から以前、注意を受けた。「あれは、ルパンルパーンではなく、ルパン・ザ・サードと歌っているのだ」と。

そこから話が広がって、ほかにも私が間違って歌っているCMソングがあると指摘を受けた。時たま鼻歌で「エスエスエスエスエスカップ、エスエスエスエスエスカップ」と歌っているが、あれは「勝ちたいときにはエスカップ、エスエスエスエスエスカップ」だと。それから、「ブルブルブルブルブルベリアイアイブルベリアイ」は普通に「ブルーベリーアイ」と歌えばいいのだと。

ええ~、そんなことないよ~とCM論争になり、最終的にYouTubeで検索してみんなで確認した。確かにエスカップは夫の指摘通り。でもブルーベリーアイは、「ブルブルブルブル」と確かに早口で歌っていた。(でも私のも間違い。)

で、つい懐かしくなって、昔、大好きだった豆スナック菓子「ジャック」のCM映像を探したら、みつかった。このCMシリーズ、私は大好きだったのだが、中でもこの映像の一番最後のバージョンが大好きで、当時の職場で、「ジャックは豆、まめ~! 豆はえんどう豆、まめ~!」と振りをつけて歌っていた。

当時、私は外資系の証券会社に勤務していたのだが、その頃、出張で大阪にしばらく滞在した。大阪証券取引所に上場されている先物の取引をするためで、東京のオフィスと直通回線を結び、必要であればマイクとスピーカーで東京と話ができるようになっていた。大引け後は東京の同僚と楽しく雑談をしていたのだが、ある日、東京の同僚がいきなり、「ジャックは豆」と歌いかけた。すかさず私が、「まめ~~!」と返すと、東京の同僚が焦っている。なんとスピーカーが全開のままで、場が引けてしーんとしていた東京のオフィス中に、私の「まめ~~」の声が響き渡ったらしい。

そんな思い出もあって、今見ても、このCM、笑えるのだ。

大河ドラマ『平清盛』の王家の謎

大型台風が近づいているが、このあたりはさほど影響もなく、息子はいつも通り夕方から塾へ。途中で暴風警報が出ないだろうか、電車が不通にならないだろうかと心配したが、何事もなくいつも通りに帰宅。

暴風警報が出れば、夫は明朝の仕事が休みになるのだが、今のところ大雨警報のみ。

ところで、NHKの来年の大河ドラマ『平清盛』のHPで、「皇室」が「王家」、「天皇」が「王」と表記されていることがネットで話題になっている。皇室を貶める意図かと勘ぐる人もいるようで、NHK側の言い分(言い訳?)は、平安末期から鎌倉期にかけては、「王家」という用語が一般的に使われていたことが通説となっている、ということらしい。

私が学生の頃には、そんなことは習わなかったなぁと思い、息子の塾の教材をチェックしたが、この時代に関して「王家」なんて言葉は出てこない。もちろんNHKの説明は正しいのだろう。しかし日本史の専門家以外に、当時、「王家」という言葉が使われていたことを知っている日本人がどれだけいるのだろう? 今の日本人にとっては、「皇室」「天皇」が当たり前の呼び名であり、学校でも教わらない用語を大河ドラマで使われた日にゃ、歴史を勉強中の子供も混乱しかねない。いま現在、一般的でない用語を使うって、どうよ?・・・と、やっぱり疑念が。

広島の原爆記念日の翌日に放送されたフジテレビの番組で、出演者が「Little Boy」と書かれたTシャツを着ていたことが問題になったときも、広島県からの抗議に対し、フジテレビは「意図的に使ったわけではない」と回答したそうだ。しかし、その後、この番組の企画統括者は数年前に「はだしのゲン」の編成を担当していたことが判明。「Little Boy」が広島型原爆の通称であることを知らなかったわけはないだろう・・・と、やっぱり疑念が。

九電のやらせ番組をマスコミはさんざん非難していたけど、やらせだらけのマスコミがよく言うよ・・・と思っていたのは私だけではないと思う。九電を擁護したいのではない。似たようなことは、皆さんもやっているでしょうと言いたいだけ。実際、当地で起こっている問題について開催された先日の説明会も、まさにそうだった。あまりにひどくて、笑けてきたけど。

でもめげずに戦うのだ。

DSC03228

幽霊の声ー「来 た の?」

きょうは塾もなかったのに、なかなか宿題が進まず、夜遅くまでぐだぐだしていた息子。私にも小言を言われ、帰宅した夫にも小言を言われ、ちょっと反抗的になり、逆に何もしないで居間に突っ立っているので、思わず私はこう囁いた。

来 た の?

途端に息子は激怒し、地団太を踏み、最後には泣き出してしまった。ありゃー、こりゃ、ほんとに怖がってる!

実は昨日の『す・またん』(読売テレビの朝の人気番組)で稲川淳二さんの怪談LIVEがあって、その後にいくつか心霊映像なるものが放映された。その中のひとつが、廃墟となったアパートの映像。ドアを開けると、誰もいないはずなのに、「来たの?」と女性の声が聞こえるのだ。

私はちょっとしたいたずら心でマネしてみたのだが、息子にとってはシャレにならないくらい怖かったらしく、でもそれを隠すために怒りまくっていたようだ。しかも、夜も遅い時刻で、怖くてひとりで2階に上がれなくなり、私が付き添うはめに。

ま、でもお陰で久しぶりに息子が私たちの部屋で寝ると言い出した。いやぁ、ほんとに怖かったんだなぁ。

DSC03187

TVタックル

昨日は8月7日の予行演習(?)に続いて、東京・お台場ではフジテレビへの抗議デモが繰り広げられたらしいが、やっぱりネット以外のメディアは、どこも報じてないみたい。

テレビも新聞も・・・本来の役割を果たしていないよね・・・。と思いながらも、TVタックルは、たいてい見るようにしている。全国ネットで見る番組は、これくらいかな~。もともと、たけしの大ファンだったし、この番組はテロ朝としてはあり得ないテーマも取り上げてくれるから。先日も、菅総理の「市民の党」への多額の献金や、民主党と北朝鮮とのつながりについて掘り下げていた。地上波の全国ネットでこの問題を報じたのは、この番組だけではないだろうか!?

そして今夜は、民主党が成立を目指している「人権侵害救済法案」を取り上げた。この法案の危険性は、ネットではずっと前から叫ばれているけれど、地上波の全国ネットで取り上げるのは、やっぱり初めてではないだろうか!?

テロ朝の中で、TVタックルだけはたけしの番組なので治外法権なのだと聞いたことがあるが、まさにその通りなんだなぁ~。

DSC03000