目指せ、もこみち!

今年から始まった家庭科の夏休みの宿題がもうひとつ。サラダ作り~!!!

息子は最初、大好きなポテトサラダに挑戦するつもりだったが、このところお疲れモードの夫を見て、「夏バテ解消サラダ」をネット検索し、レシピをみつけてきた。お昼の残りものも入れて、ちょっとアレンジして、別のサイトで探した「和風ドレッシング」も自分で作った。ただし、レシピ通りに作ったら、ドレッシングが多すぎて、これは私が明日以降、利用できそう。

実は、朝の読売テレビの「す・またん」は毎日見ているのに、読売テレビの「ZIP」は面白くないので、いつも飛ばしていたのだが、「す・またん」で放送された虎谷アナ参加のMOCO’sキッチンを見て、第一印象で嫌いだった速水もこみちが、さわやかな好青年であることを発見! 料理のできる男子はカッコいいな~と、息子とふたりで感心、感心。おそらく、もこみち君に触発されて、息子も頑張ってくれたようだ。(まだ道のりは遠いけど・・・)ちなみに、「もこみち君、見直したよ・・・」と感動する私を、夫はヒジョーにバカにしていましたが。

サラダ、おいしかったよ!! 息子よ、目指せ、もこみち!

DSC03075

小柳つかささん(記憶障害の花嫁)

最初に断っておくが、私はTBSという企業は嫌いだし(あちこちで目にした情報を信じれば・・・だけど)、『報道特集』という番組もキャスターが私の苦手な人(金平氏)になってからは一度も見たことがなかった。たまたまきょうの夕方、父の老人ホームから実家に戻って、ふとテレビをつけたら、愛らしい車椅子の女性の姿が目に入り、ついついそのまま見ていたら、それがTBSの『報道特集』だったのだ。途中からだったので、よくわからなかったのだが、これは17歳のとき、交通事故で半身麻痺記憶障害となった女性の暮らしぶりを追ったドキュメンタリーだった。

彼女は北海道在住で、現在28歳。最近、バリアフリーの家でひとり暮らしを始めたらしい。言語障害も残っているけど、ゆっくりと喋る彼女の言葉は前向きで、ユーモアがあって、そして何といっても彼女の笑顔が本当に愛らしくて、私はその、鼻にしわを寄せるチャーミングな彼女の笑顔を見たくて、ついついそのまま画面に見入ってしまったのだ。

自宅に帰るために彼女が乗ったタクシーの運転手さんが、彼女に一目惚れ(たぶん)してしまい、やがてふたりは恋人同士に。結婚を決めるも、親から反対され、強硬に(?)「できちゃった婚」の道を選んだ。妊婦となった彼女は、今まで母親等に頼っていた家事もなるべく自分でやろうと懸命にがんばる。車椅子で掃除したり、片手だけで洗濯物をハンガーにかけて干したり・・・。「奥さんになるんだから、ちゃんとがんばる。障害者だから家が汚いと言われないように、がんばる」と、本当に一生懸命に家事に取り組む彼女の姿が愛おしくて、旦那さんとなるタクシー運転手さんが彼女に惚れた気持ちがよ~くわかった。

今後のことを心配する母親にも、「前向きにいかなきゃダメよ」って、鼻にしわを寄せて笑う彼女。産婦人科の定期健診に行き、腹部エコーの写真を撮ってもらったときは、お腹の赤ちゃんがこっちを向いていることに喜び、「カメラ目線で、優秀です!」って、生まれてくる子供宛ての日記に書き綴っていた。赤ちゃんが男の子だとわかると、「男の子はお母さんに似ると、かっこよくなるんだよ・・・」とも。

結婚式も終えて、いよいよ出産・・・帝王切開で無事に健康な男の子が生まれた。そのことを聞いて喜んでいたつかささんが、突然、急性妊娠脂肪肝で意識不明に。ご主人は生まれた赤ちゃんをつかささんの胸に抱かせ、励ましの言葉をかけ続けていたが、つかささんはそのまま意識が戻ることなく28歳の生涯を終えた。

急性妊娠脂肪肝とは、数万人に一人が発症するという、かなり珍しい病気だそうだ。そこにいた誰もが、まさかこんなことになるとは予想していなかったはずだ。もちろん、つかささん自身も。私も呆気にとられ、神様はなんてひどいことをするのだと、泣いてしまった。あのチャーミングな笑顔を息子さんに見せることなく、逝ってしまうなんて。

実は、この出来事は今年の始めのこと。つかささんは1月28日に出産し、その一週間後に亡くなった。この思わぬ展開を受け、北海道テレビはこの番組をお蔵入りにしていたのだが、その後、「つかさだったら、この病気のことをみんなに知ってほしいと思ったはず」という遺族の言葉を受けて、遅ればせの放送を決めたという。

番組の最後に、つかささんのご主人と息子さんの現在の姿が映し出された。それを見て、私は号泣してしまった。生前のお母さんの笑顔を見たことのない彼女の息子さんが、彼女と同じように鼻にしわを寄せて笑ったからだ。彼女とまったく同じ笑顔。彼女が言っていたように、お母さんによく似た彼はきっとかっこいい男の子に育つだろう。

おそらく、この笑顔を見たら、残されたご主人もきっと元気に生きていける。こんなすばらしい笑顔を残していくなんて、つかささんはものすご~い大仕事を成し遂げたのだ。そう思うと泣けて泣けて仕方なくて、声をあげて、おんおん泣いてしまった。

疲れて横になっていた夫と、夏休みの宿題をしていた息子が、ビックリしていたけれど、偶然にもこの番組を見て、つかささんの笑顔を見られたことに感謝している。本当に悲しいけれど。

*これも琵琶湖。風車は動いてないみたい。
DSC03030

記憶障害の花嫁 抱きしめたいー真実の物語

『王様ゲーム』のおかげで

学校の友達から噂を聞き、読みたい本があると言って、この間から本屋に行くたびに探していた息子。結局、みつからないまま日にちが過ぎていたが、昨日の本屋でみつけたらしい。すでに映画化が決まっている『王様ゲーム』というホラー小説で、昨日の本屋では一番目立つところにデカデカと置いてあったのだ。なんでも作者がこの町の人で、その本屋にもやって来たらしい。

息子は昨晩、一気にその本を読み終え、珍しく私たちと一緒に川の字になって眠った。もしかして、ホラー小説が怖かったせいか!? お陰で、久しぶりに息子と並んで寝ることができた! きょうも、和室で一緒にゴロ寝をするつもりらしい。

地元の友人に聞いたところ、この本の作者はこの間までプー太郎だったらしい。アマゾンのレビューはかなり厳しいようだが、私もこっそり読んでみようかな。

*久々に出かけた大戸屋。久々すぎて、ポイントカードの有効期限が切れていた~!
DSC03044

If You Want by Himrock

先日、YouTubeで見て感動したヒムロックの”If You Want”、残念ながら今のところ発売の計画はないらしい。次のアルバムに収録される見込みのようだが、それが完成するのはまだまだ先だよね~。

住民運動も、ひとつ展開があったと思えば、ひとつ障害が・・・。

何事も思うようには進みませぬ。

でも、ひとつ、ひとつ確実に。

DSC03039

Nellie the Elephant(トイドールズ)

この国の状況を考えていると、くら~くなってきたので、同じパンクでも笑える曲を聞きたくなり、思わず検索してしまったのがこの曲。子供向けの曲をパンクバンドのToy Dollsがカバーして、イギリスで大ヒット。私がパリの銀行で一緒に働いた、パンクスからは程遠いホワイトカラーのイギリス人たちも、この曲はジェスチャーつきで歌っていた。

このToy Dolls、日本にも固定ファンがいて、一時は毎年のように来日していた。実は私も、毎回ライヴに足を運んでいた時期がある。人気が高まり、最後はどこかのホールで演奏したと思うけど、やっぱり一番楽しかったのは新宿ツバキハウスでのライヴだった。みんなでジャンプしまくり、歌いまくり、もみくちゃにされながら、相当の体力を消耗した。たった3人のバンドなのに、その演奏はパワフルで、コミカルで、本当に楽しかった!

Toy Dollsはニューキャッスル近郊の出身で、ローマ字読みに近い訛りがあり、そこがさらに愉快だった。Butがブット、punkがプンク、jump upがジュンプウップという具合だ。しかも早口の歌詞が多くて、アメリカ人のペンパルは歌詞カードがなければ何を歌っているかわからないと言っていた。

数年前、山の集落で友達がパーティを開いた際に、京都在住のスコットランド人男性を紹介された。名前はDougyだというので、Toy Dollsの名曲を思い出し、「Dougy GiroのDougyですね!?」と言うと、めっちゃくちゃ喜ばれた。「そう、Dougy GiroのDougyと同じ名前だよ!」と。 そして思わず、一緒に合唱した。”Dougy, Dougy Giro, Dougy, Dougy, Dougy, Dougy, Dougy, Dougy Giro!”

やっぱりコミックバンドも捨てがたいのだ!

 

Anarchy in the UK(セックスピストルズ)

このことろ懐古趣味に走ってる・・・。ピストルズのデビューは1976年。この「アナーキー・イン・ザ・UK」の歌詞には、MPLA(アンゴラ解放人民運動)とか、UDA(アルスター防衛協会)とか、IRA(アイルランド共和国軍)なんてのが出てくる。北アイルランド紛争が激しかった時代だ。当時の私はもちろん何もわかってなかったけど。

後にジョン・ライドン(当時はジョニー・ロットン)自伝の日本版制作に関わったとき、遅まきながら、ようやく、当時のイギリスの時代背景が理解できた。それにしても、ロンドンの下町で暮らすアイルランド移民の貧しい生活ぶりは、けっこう衝撃だった。一億総中流といわれた同時代の日本人には、想像できないかも。

思えば、中学高校時代の私はイギリスの多くのバンドに憧れ、その音楽のもつエネルギーにひきつけられていたけど、その背景にある社会的、政治的事情など、実はよくわかっていなかった。自分が若かったこともあるけれど、日本ではミュージシャンが政治を語ったり、まして歌にするなんて一般的ではなかったもの。

今回の震災後、テレビで誰かが「チェルノブイリの事故後、ポーランドは安定ヨウ素剤を一斉に子供たちに配ったが、それは核攻撃に備えて用意しておいたものだった」と話しているのを耳にした。米ソ冷戦時代、私たち平和ボケ日本人は、なんの恐怖も持たず、のほほんと暮らしていたように思う。けれど、その頃、私が文通していたヨーロッパの同世代の若者は、「いつ第三次世界大戦が起こるかわからないから、結婚しても子供はいらない」などと、真剣に手紙に書いていた。それを読んで、日本人との意識の違いに愕然としたことを覚えている。私たちは同じバンドの曲を聞きながら、まったく違うことを感じていたのかも知れない。

そういえば、80年代に南アフリカの問題を知ったのも、イギリスで”Biko”や”Free Nelson Mandela”といった曲がヒットしたからだ。その後、90年代半ばに東京で出会った中国人女性から、「日本の若者の間で流行っている歌には、深い意味がないですね。歌詞を読んでも、胸に響かない」と言われたことがある。天安門世代の彼女が中国で聞いていたロックには、おおっぴらには主張できない政治的なメッセージなどが言葉の裏に込められていたのだと。

日本って、これまではよくも悪くも、若者が能天気な歌をうたっていられる国だったのだ。でも、このまま民主党政権が続けば、いずれ天安門世代のような経験をする可能性もあるのでは・・・と不安になるきょうこの頃だ。(特にマスコミを見ていると・・・)

Still a punk―ジョン・ライドン自伝
Still a punk―ジョン・ライドン自伝
クチコミを見る

God Save the Queen

子供にうるさいと言われながら、きょうもYouTubeでQueenを検索していたら、こんなのをみつけてしまった。
2002年にエリザベス女王戴冠50周年で、クイーンのブライアン・メイがGod Save the Queenをバッキンガム宮殿で演奏した映像だ。すご~い、こんなことやってたのね。

昔、クイーンの人気が出始めた頃、「Queen, England」の宛名のファンレターがバッキンガム宮殿に配達され、後日それがクイーンの元に届けられたという記事を読んだことがある。最初は日本でしか人気がないとか言われていたけど、その後、イギリスでも国民的人気のバンドとなった。フレディの訃報を聞いたときのことは今でも覚えている。当時、イギリス系の会社に勤務していたのだが、ロンドンと電話をしていたイギリス人スタッフが一報を聞き、大声でみんなに知らせたのだ。そのあと、そのイギリス人が立ち上がって、”We Are the Champions”を歌い始めると、ほかのイギリス人もそれに加わった。

それから、これは何年のことだったか・・・。ヨーロッパで皆既日食があったとき、イギリスに留学中だった友人が、ブライアン・メイがBBCで皆既日食の説明をしていたと教えてくれた。クイーンって、本当にイギリスを象徴する存在なのだ。

で、God Save the Queenときたら、やっぱりどうしてもこれを見たくなっちゃうよね~。
当時は若すぎて社会的な意味合いもわかってなかったけど、あのパンクのむちゃくちゃなパワーはなんだかすっごいものに思えたのだ。

音楽の喜びーフレディマーキュリー トリビュート

DSC02992 久々に音楽で感動してしまい、きょうもYouTubeでいろいろ検索してしまった。気がつけば、年に何度も検索して見てしまうのが、Queenのフレディ・マーキュリー追悼ライヴでのジョージ・マイケルが歌う”Somebody To Love”の映像だ。曲自体もすばらしいのだが、あの日、あの場で歌われたこの曲は何度見ても心揺さぶられる。

この追悼ライヴが行われたのは、すでに20年近く前の1992年4月20日。クイーンの3人のメンバーに加え、豪華メンバー勢ぞろいのライヴが収録された2枚組LDを私は持っていた。当時、東京の外資系証券で働いていた私は、毎朝このLDの一部を見てから出勤するのが日課になっていた。(その頃は確か7時半出社だったか)。さあ、きょうもがんばるぞ~というパワーがもらえる場面がいっぱいあったのだ。

けれど、時代が変わってLDも廃れ、私のLDプレイヤーも壊れてしまい、長年買い集めてきた音楽や映画(特に香港映画が多かった!!!)のLDはすべて処分されてしまった。でも私の脳裏に焼きついた感動の場面をどうしても見たくて、今では便利なYouTubeのお世話になっている。(フレディ追悼ライヴは、新しくDVDを買えばいいのだけどね・・・)

それにしても、この広いウェンブリーアリーナにいっぱいの人々が、この曲で心ひとつに、声を合わせて歌う光景は何度見ても感動する。その一体感を引き出したジョージ・マイケルの歌唱力もすごい! この追悼ライヴを全編見るとわかるのだが、クイーンの曲を歌いこなすのは至難の業なのだ。そうそうたるロック界の重鎮である名シンガーがステージに上がり、それぞれにクイーンの曲を自分なりに歌う姿はなかなか見ごたえがあるのだが、それでもやはりフレディに比べると、どうしても物足りない。嫌でもクイーンの曲の難しさ、フレディの歌唱力を改めて認識させられる。ところが、ジョージ・マイケルだけは、まるでフレディが乗り移ったかのように、彼の歌のすばらしさをそのまま再現してくれているのだ。変に自分風にアレンジしてごまかすことなく、あくまでもフレディがレコードで歌っていたそのままを再現してくれる。さすが無名時代にロンドンの地下鉄でクイーンの曲をバスキングしていたというジョージ・マイケルだけあって、長年、フレディのまねをして歌いこんできた成果なのだろう。

楽曲のすばらしさ、歌い手と演奏者のすばらしさ、観衆のすばらしさーーそれがすべて一体になって、そこにフレディの魂が注ぎ込まれた至福の時間。このすべてに出会えたこと(映像を通じてだけど)に感謝したい!!!

さぁ、仕事もしなきゃ。(ウォーキングもしたぞ!)

IF YOU WANT (News Zeroテーマ曲)

住民運動もこの夏が山場となりそうで、きょうも別の自治会までチラシの配布に行った。気温がさほど高くない午前中に半分弱、そして夕方に残りの半分。私にとっては、いい運動になりそう。

一方で急ぎの仕事が突然入ったため、今週はちょっと忙しくなりそう。(こんなことなら、前からやってる仕事をさっさと終えておくべきだった・・・と反省)。

その仕事の関係で調べ物をしていたら、この映像に遭遇。日本テレビ系列『NEWS ZERO』のテーマ曲、氷室京介の『IF YOU WANT』。画面に映し出される被災地の方々の姿を見ていたら、涙がとまらなくなった。同じ日本に暮らす者として、しっかりこの国を支えていけるよう、がんばらなくては・・・と強く思った。

*チラシ配布中に見かけた他人のベンツ。
DSC02999

Kindleを買うべきか

息子は本も漫画も大好きなのだが、この間からクラスの友達に薦められたライトノベル(なのかな~?)にはまっている。古本屋で一冊ずつ買って読んでいるのだが、早く次が読みたくてたまらないようだ。

私はといえば、このところわりと時間の余裕があるので、こういうときこそ読書をしたいと思うのだが、暑くてなかなか集中できない。(つーか、すぐにうとうと眠ってしまうのだ。)

なのに、ただでさえ読みたくて買ったはいいが、積み上がっているだけの本が相当たまっているというのに、ここ数日、Kindleを買うべきか悩む私。まずは積み上がっている本を読めよ!と自分につっこんで、結局、買ってないんだけど。

私は何冊もの本を同時に読み始めるタイプなので、早く読み進めないと、わけわからんよーになってしまうのです。この夏はカフェに避難して、本でも読むかな~。ただし、居心地のいいステキなカフェが近くには殆どないんですが。(私が知らないだけ?)

*先日訪れた友人宅の裏庭。こんなところで読書できたらいいな~。
DSC02991