初心に返る

近県の友人がご近所のお友達を伴って、山の寺にお参りにきた。私も案内役としてお供をした。

お寺に向かって山道を走っていると、トンビが近くに飛んできたり、リスが道路の脇を走っていたりと、私たちを歓迎してくれているようだった。

おかげで広い山の中を効率よく回ることができた。いくつものお堂を巡り、鐘をついたり、散策したり。私と夫が初めて出会った場所も久しぶりに訪れた。ここからすべてが始まったのだ・・・と初心に返り、こうやって友人と再訪できたことをありがたく思った。

お参りのあとは湖畔でランチ。やっぱり女はお喋りがいちばんなのだ。

DSC04225

草刈り

夫は昨日は広島で、きょうは山の家の草刈り。浄化槽の管理費の支払いなどの用事もあって帰ってきたのだが、大雪で壊れたままのお風呂の煙突の修理や、屋根の塗り替えなど、いろいろと家のメンテナンスが必要だ。ふぅ。

帰り道には棚田のそばのトマトの直売所に立ち寄った。日本の田んぼの景色は心がなごむ。

DSC04178

金環日食

今朝は金環日食。なので、早めに起きてお弁当&朝食の準備を済ませた。テレビの中継を見ながら、ときどき玄関の外に出て、空を見上げる。この前、広島に帰省したとき、従姉が日食グラスをプレゼントしてくれたのだ。広島は金環日食のエリアから外れているのだ。ここは境界線上かな~? 微妙なところ。

天気はばっちりだったので、日食ははっきり見えた。近所でも、皆さんベランダや路上で観察しておられた。子供たちは通学途中は空を見ないよう学校で指導されていたので、登校後にみんなで観察したらしい。

話変わって、この間から大阪市職員の入れ墨調査が問題になっている。調査の是非について意見はいろいろあるだろうけど、教職員だけ調査しないのはどういうわけだろう? 普段は平等を訴えている先生たちだけ、特別扱い? 教育委員会には、それだけ権限があるということ? 人権侵害になるというのが理由らしいけど、その言い訳、生徒たちに悪用されませんように!

*セッコク、まだ咲いてます。
DSC04150

黄砂アレルギー

昨日の朝、外に出たら比叡山がかすんでうっすらとしか見えなかった。そのあと山の集落に向かったのだが、やはり遠くの山々はかすんでいた。黄砂の季節か~と思いつつ、洗濯物は外に干したまま。

夫は帰宅するなり、「喉が痛い!」と訴えた。鼻水も出まくり。これは黄砂のしわざに違いないと思っていたら、夫の体調はさらに悪化。きょうはお弁当を残して戻ってきた。そして、ごはんを少し食べると、そのままバタンキュー。

実はその後、連絡をとった近所のママ友も同じ症状を訴えていた。きょうの昼間、外で立ち話をしたあと、喉や鼻の調子が悪くなり、その後、訪れた講習会の会場では気分が悪くなって吐き気を催したと。さらに別の近所のママ友も風邪で喉が痛くて、調子が悪いとマスクをしていた。いやいや、それ、風邪だけじゃなく、黄砂の影響もあるのでは?

きょうは家の中にいても、喉がイガイガする感じだった。(気のせいか!?) 年々、黄砂の影響は大きくなっているのでは? 中国の発展につれて、有害物質も増えてそう。もし日本が脱原発国になったとしても、近隣諸国で原発事故や核実験があったら、たまったもんじゃないな~と考えてしまった。スイスみたいに核シェルターの設置を義務づけてはどうか・・・なんて議論も出てこないし、今に至っても私たち日本人はお花畑なのだろうか。

*昨日、山の集落では桜が満開でした。
DSC04070

嵐のあと

今朝、リビングのシャッターを開けたところ、壁際に置いてあるプラスチック製の大型ゴミ箱が飛ばされていた。そういえば、ほぼ空の状態だった。なのに、庭の更地に無造作に置いてある自転車は倒れていない。もしかして、昨夜、夫が立て直したのかも知れないと思い訊いてみたが、「知らない」と言う。風が強い日には、何度か倒れていたんだけど。う~ん、謎だ。

DSC04008

嵐の一日

きょうは嵐になるとの予報なので、リビングのシャッターも一日中、開けなかった。

午後から風雨が激しくなったが、この辺りは警報も出ず。ただし電車のダイヤが乱れ、息子の塾には20分ちょっとで着くはずが1時間、かかったらしい。帰宅時もダイヤは乱れたままで、結局、息子は塾友のお母さんの車で帰ってきた。(頼りになる方が近所にいらして、ラッキーなのだ。)

ほんとに嵐の一日でした。

*冬の間、トイレに設置していた小型暖房機を拭いていたら、横の空気の噴出し口から、一冬の間に溜まった埃がニョロロ~ンと飛び出してきた。息子が面白がって、このあときれいにしてくれた。ラッキー!
DSC04004

彼岸花

仕事の打ち合わせをしようと言われ、大原まで行って来ました。感じのいいレストランがあるから、そこで食事でもしながら・・・と。

ところが、お店がお休みだったので、結局、友人宅でお鍋を囲み、なんだかんだとお喋りをして帰って来ました。あれ、肝心の仕事の話は・・・? ま、あとで電話で話せばいいか。

*大原で彼岸花をみつけ、懐かしい気分。新興住宅地では、みかけません。
DSC03297

台風で休校

きょうは台風で学校は休校。子供とふたり、おとなしく過ごしていたが、台風が過ぎ去ったあとは天気もよくなり、子供は友人宅に遊びに行った。台風がおさまったら、遊ぼうと昨日から約束していたみたいだ。

なんせきょうは、塾もなくて、ゆっくり遊べる日。学校が休みの上に、天気までよくなったら、もうじっとしていられなくなったみたいだ。

台風の被害を受けた地域もあるというのに、のんきなものだ・・・。

*びわこの葦で作ったオブジェ!?
DSC03260

やはり休校

昨日は雨も風も強くて、昼間から大雨警報や土砂災害警報が出ていたが、息子は普通どおりに塾に行った。電車がちゃんと運行しているか確認しようと、駅まで一緒に歩いて行ったが、風は吹くものの雨は降っておらず、電車も通常運行だった。そして、いつもの時刻になにごともなく帰ってきたが、ちょうどその頃に暴風警報発令。「おお、これでおそらく明日は休校だ!」と、なぜか元気になる私たち。

いや、これ、山の集落に住んでいたら、こんなのんきなことは言ってなかったと思う。いつどこで土砂崩れがあるかわからないから。(実際、昨日は山の集落の国道は通行止めになっていたようだ。)

結局、午後の新幹線で広島に帰ったら、台風が去ったあとでかなり涼しい! この辺りは、そもそも風雨ともにたいしたことはなかったらしい。エアコンいらずで快適だ。おかげで私は息子に早く読めといわれている海堂尊の小説を読んで夜更かしをしそうだ。

DSC03045

*京都駅で食べた冷製パスタ。
DSC03051

空模様

住民運動がやっと地域全体として動き始めてきたかなぁという手ごたえを感じていた矢先に、妨害行為が発覚したり、横槍が入ったりと、なかなか一筋縄ではいかない。先日の集会では、経験者のお話を直接聞いて、個人的にはますます危機感が募ったのだが、集会に来ていない多くの住民に、この危機感をどう伝えたらいいのだろう!? 運動に関わっている人たちには情報がどんどん入ってくるので、俄然、意識は高まり、そうでない住民との意識の差が徐々に広がってしまうのだ。現状がどうなっているのか知りたい方も大勢いると思うのだが、一般の住民の方々と直接やりとりできるチャンネルがない。どうしたら、みんなの思いを吸い上げて、共有することができるのか・・・と、このところ、有志のメンバーはもどかしさを抱え、悩んでいる。

そんな中、暑いのを我慢して、学校のベルマークボランティアに出かけた。そこで他の地区の保護者の方に、住民運動の様子を聞いてみよう・・・などと思っていたのだが、結局、それどころではなく、汗だくになって作業をして、帰り道は学級崩壊しているクラスの話を聞いた。う~む、他にもいろんな問題があるのだ。

夕方は山の美容院に行き、住民運動のあれこれを喋りまくって、ストレス発散。いつも、ちゃんと話を聞いてくれる美容師さんに感謝だわ。

このところ、空の写真を撮っている。以下は昨日の三部作。雨雲がたちこめ、夕立がきて、虹が出たら雲まできらきら輝いていたのだ。住民運動の空模様も、こうなればいいけど。

DSC03032
DSC03035
DSC03038