テレビの印象操作(福知山脱線事故の場合)

もう新聞をとってないのでテレビの報道しか見ていないのだが、
JR福知山線脱線事故で現在のJR西日本の社長が在宅起訴された
というニュースを昨日の夕方、関西テレビで見た。

現社長は当時の安全対策の責任者であったとは言え、当時のワ
ンマン社長の体制下では、誰が進言したとしても聞き入れられ
たとは思えない…という証言が流れたり、遺族の方々も現社長
ひとりだけに責任を押し付けることで、却って事故の原因究明
や社内体制の変革が進まないのではないかと懸念を示し、なぜ
歴代の幹部の責任は問われないのか…と、検察の判断を批判す
る内容となっていた。

で、その後、NHKで同じニュースを見てビックリ。淡々とながら、
これは検察の画期的な判断であるというトーンなのだ。検察が
被害者、および国民の目を意識するようになったからだ、今回
の起訴についても検察は事前に被害者や遺族にアンケートや面
談を行い、被害者重視の姿勢を示している、経営トップが起訴
されたことでJRへの責任追及が一歩進んだ…という解説。検察
の言うことをすべて鵜呑み、というか賞賛する内容で、この起
訴を好意的に受け止める遺族のインタビュー映像まで流していた。

んで、きょうの夕方。毎日放送の情報番組でこのニュースを取
り上げていた。その場にいる人たちはみな口々に、「今の社長
だけに責任押し付けているようにしか思えない」と発言。「み
んな違和感持ってますよね~」という前提で、現社長は事故後
の社内体制作りでも評判が高かったのに…なんでこの人だけ?
というトーン。しかも、しかも…「どうして他の経営陣は責任
をとらされないのか?」と発言する遺族の映像を見ると、なん
とNHKでも映像が流れた方だった! 背後の娘さんの遺影が目
に焼き付いていたから、間違いないと思う。

どのメディアの言うことも決して鵜呑みにしてはいけないと思
うし、各メディアが独自の姿勢を持つのは構わない。だがNHKは
公共放送である上に、つい最近、台湾統治時代をテーマにした
NHKスペシャルが捏造だと騒がれたばかり。今回も遺族のインタ
ビューで自分に都合がいいところだけ切り取って放送したのだ
ろうか。

公平な目で見た事実はどこにあるのか…情報源はいくつも持つ
必要があると、つくづく思う。

たとえば、今現在、ウィグルで何が起きているのか…メディア
ですら本当のところはわかっていないだろう。わかっていなく
ても、知ろうとする態度が必要だ。私たちは決して目をふさい
ではいないのだ、見て見ぬふりはしないのだと、毅然とした態
度で臨んでほしい!!!

9jul09

いまさらマンション?

息子の習いもので京都まで来て、いつもの駐車場に行くと、
なくなっていた。隣の月極制の駐車場も全部なくなってい
た。来春までにマンションができるらしい。

地価下落のニュースを見たばかり、不動産業界の裏がわか
る本を読んだばかり。なんでいまさらマンションを建てる
のかなぁ。勝算、あるのかなぁ。

すぐ近くの絵本専門店やカフェは最近、閉店になったけど。
街の景色は移り変わる。

2jul09

医療難民

来月、母が転院する予定の病院に紹介状を持って行った。
短時間で終わるだろうと思っていたら、副院長からゆうに
40分以上は説明があった。パソコンの画面を使って、現在
の医療・介護制度の説明から始まり、疑問だらけのその制
度の中で、この病院はどういう信念で、どういう方針で患
者を受け入れているかを説明され、それを納得した上で手
続きをしてください、とのことだった。

数年前から厚労省が、医療費を削減するため(その分、介
護費につけ代えるだけなのだが)、いわゆる「社会的入院」
患者を減らす方針を打ち出した。さほどの医療が必要のな
い高齢者を、病院ではなく自宅か介護施設へ誘導する政策
らしいが、国が決めた線引きでは実は医療を必要とする患
者(つまり、介護施設が受け入れを拒むような高齢者)ま
でが病院を追い出され、行き場のない「医療難民」になる
という。

こういう実態を現場の医師たちは、みな疑問に思っている
らしい。少なくとも、この副院長、そして現在の母の主治
医も。そして病院にも国は目的別のカテゴリー分けをして、
国の求める基準を満たさないと、そのカテゴリーをはずさ
れるらしい。なので、「本来なら現在の主治医の先生は、
医療者として最後まできちんとお母さんのことを診たいと
思っていらっしゃるでしょうが、制度として無理なのです」
ということらしい。

幸いなことに、現在の病院と、この病院は互いに連携して、
密な連絡をとりあっているとのこと。母が退院できる状態
になれば、責任をもって受け入れ体制のある施設を捜しま
すとも言われた。

矛盾だらけの制度の中でも、信念をもって働いている方々
がいらっしゃるお陰で、なんとかこの国の医療・介護制度
はもっているのか…と複雑な気持ちだ。母はラッキーなこ
とに医療難民にならずにすみそうだけど。

ちょっと離れた町にある病院まで、なんと友人が車で迎え
に来てくれた。ちょうど彼女も帰省中で、きょうは時間が
あるからと。去年、お母さんを看取った彼女も、医療制度
の矛盾を訴えていた。(苦しんでいたお母さんが退院させ
られ、次の病院は自力で探さねばならなかったそうだ。)

この国のあり方に憤慨しながらも、まっとうな人たち、温
かい人たちに会えて、心が救われた一日だった。ありがとう!

*新球場(新幹線から)
23jun09

誰のための医療、介護制度?

昨晩は施設近くのカフェで、従姉と楽しい夕食をした。
うちではまだ朝晩こたつを入れているのに、ここは夜
になっても暑い!(少なくとも私には!)そしてきょ
うも雲ひとつない快晴!

朝は母の主治医の先生と、病院のソーシャルワーカー
の方と面談。昼前にうちの事務所を借りてくださって
いる介護事業者さんに挨拶に行ったら、「何でも相談
して下さい!」と、心強いお言葉。午後は父の施設の
方とも話して、その後、母の病院で介護認定のための
市の調査員の方と面談。手伝いをお願いしている元ヘ
ルパーさんも同席してくださった。

とまあ、ほんとにいろんな人のお世話になっているの
だが、現場の皆さんが一様におっしゃっていたのが、
医療・介護制度への疑問。

「制度では医療が必要な人とそうでない人と線引きし
ろと言うんですが、人間、年をとったら誰しもガタが
出てくるし、そんなのきっちり分けられるわけがない。
人間なんだから。机の上だけで考えて作ったとしか思
えない。」
「いろいろ制度が変わるんですけどね、それでいった
い誰が得をしているのか…本当に介護が必要な人が困
る結果になったりしてね…」

せっかくの制度なのに利用者が困惑するほど複雑だし、
縛りが多くて、結局、誰のための制度なの???と私
も思う。頭のいい官僚たちが、なんでシンプルなもの
を作れないのか!?

結局、いろいろな方のお話を聞いて、つくづく思うの
は、「現場を知っている人が一番頼りになる」という
こと。だからお役所は頼りにならないのね。

新型インフルエンザの余波(来日観光客減少?)

昨晩「自然の家」に泊まった息子は、きょうの午後、
スクールバスで帰って来た。バスを降りるなり、
「楽しかった~!」。で、家に着いたらすぐに横に
なり、ヨダレを垂らして眠っていた。幸せだなぁ。

新型インフルエンザ騒動で、成田での防護服の検疫官
や、ほぼ全員がマスクをつけて歩いている街の様子な
どのニュース映像を見たアメリカの友人から、今夏に
予定していた日本旅行をキャンセルしたと連絡がきた。

パリのビジネススクールでの同級生だが、実は私より
かなり年下。彼女は10代の頃から起業することを目標
に据えて、すべての計画を立てていたという。現在は
ジュエリーブランドを立ち上げ、社長として活躍して
いる。三人の子育ては、もっぱらジュエリーデザイナ
ーのご主人の担当で、彼女は忙しく世界中を飛び回っ
ているのだが、毎年、夏休みは上のふたりの娘を連れ
て、女3人の海外旅行をするのが恒例となっているら
しい。今年は娘たちのリクエストで日本に行く計画を
立て、飛行機のチケットまで購入していたが、あのニ
ュース映像を見て、「普通の状態で旅行できないかも」
とキャンセルを決めたらしい。

やっぱり最初のあの対応は、どう考えても過剰だった。
しかも殆どが効果のないことばかり。必要以上に経済
的なダメージを受けてるところは多いんじゃないかな。
ちなみに友人は、代わりにモロッコとパリに行くこと
にしたらしい。

天安門事件から20年

きょうの午後は別のママ友が「突然だけど、いい?」と立ち寄ってくれた。彼女のご近所でも問題があるのだが、このところ、大きな動きが出てきたらしい。なんだかんだあっても、みんな「自分の家」の中が平和であることが何よりだ。

さて、きょうは天安門事件から20年。当時、私は東京で外資系の金融機関に勤めていたが、この事件で金融市場も多少、混乱したことを覚えている。香港人の上司や同僚が、お昼休みにデモに出かけたことも思い出す。

夕方、マカオから台湾に強制送還されたウアルカイシのニュース映像を見た。パリ留学時に地下鉄で見かけた時もすでに肉付きがよくなっていたが、20年もの年月でさらに脂肪が乗っていた。(人のこと言えないが)「いまだに親に会えない」と語る姿を見て、留学仲間のウーハイを思い出した。ウアルカイシと同じく民主化運動に立ち上がり、パリに政治亡命していた彼は、「ウアルカイシと違って、無名の僕が中国に帰ればすぐに捕まって処刑される」と言っていた。「四川省の田舎にいる母親とは、一生会えないかも知れない」…と。

最後にウーハイに会ったのは東京だったが、いま彼はどこにいるのだろう!?

郵政民営化のあおり

この地域はそもそも新聞の宅配サービスがないので、
購読者が送料を負担して、郵便で受け取っているの
だが、郵政民営化により毎日の配達時刻が遅くなり
(集配・配達業務の統合のため)、朝刊(&前日の
夕刊)が届くのは午前10時半~11時頃となった。

ところが、きょう届いた「お知らせ」によると、新
聞の午前配達が6月より通常配達となり、午後配達と
なる地域もあるとのこと。これまではボランティア
のお陰で速達扱いだったのだとか聞かされた。

でも、これじゃあ、新聞の意味ないじゃ~ん!
どっちにしても、私はもう新聞の購読、やめてしま
ったんだけど。

地デジ&高速ネットに関しても、市からまったく方
向性が示されないので、政府に質問メール出したら、
総務省高度通信網振興課から返事がきた。現在審議
中の補正予算案に、ブロードバンド整備支援のため
の予算を盛り込んでいるというんだけど、それが実
際にどう分配され、何に使われるのか、どうやって
調べればいいのやら!?

*きょうは京都・百万遍へ。京都府の要請で府内の
 大学は休校したらしいけど、京大だけは自分のと
 こで判断できると休校しなかったらしい。カッコいい。
28may09

送信者:バラク・オバマ大統領

今朝メールチェックしたら、送信者「President Barack Obama」
というメールがあった。スパムメールかと思いつつ開けてみたら、
アメリカの「医療改革」の進捗状況を知らせるホワイトハウスから
のメールだった。今後も重要な問題について大統領のメッセージを
メールで発信するとのこと。

そういえば先日、チベット支援のための請願メールをホワイトハウ
スに送ったのだ。

日本の医療・年金制度はもちろんのこと、最近、世界の金融問題に
ついての番組を見たり、本を読んだりして暗澹とした気持ちになっ
ていたのだが、まだ少しは希望もあるのかな…。

オバマ大統領のメールと同じ頃、「農林水産業は成長産業」と題し
た麻生内閣メールマガジンも届いていた。ほんとにその言葉の通り
に政策を実現できるなら、文句はないのだけど。

*強風で寒い一日だったけど、京都はまだ暖かかった。
14may09

FOMAハイスピード

ネットで「通信の地方格差の問題」という記事を読み、
まさにその通りと頷いた。

自治体も国も、通信インフラの重要性をきちんと認識していない
気がする。少なくとも、首長や幹部クラスのお年寄りたちは。

先日、小林弘人氏がゲストの『ニュースの深層』を見た時も、既
存の出版社や編集者は、ネットの世界のことを理解できずにいる
という話が出ていたが、お役所の上の方にいる人たちにとっては
「ネット」なんて未知の世界なのかも。

とりあえずうちではFOMAハイスピードデータ通信の契約をした。
近所のママ友一家も、うちで使い勝手を試して契約をした。今週
は別の方からも「FOMAにしたんだけど、接続方法教えて」と電話
がかかってきた。なんでも自治会長さんも契約するらしい。

ということは、当分、ADSLも光ファイバーもくる予定はないとい
うことだ。地デジの行方も未定。ただでさえNHKの画像は汚すぎ。
最近の偏向報道も目に余る。

んで、接続に苦労していた地元の方から再びきょう電話が入った。
「家の前だとよく繋がるんだけど、家の中は電波状況が不安定で
ダメなんですよ~」とのこと。そう、ここは場所によってはFOMA
がちゃんと受信できないのだ。

一応、ドコモは2008年末に「日本全国におけるFOMAハイスピード
エリアの人口カバー率が100%を達成した」と発表しているんだ
けど。下手すると、ホントに日本の過疎地は発展途上国に遅れを
とりそうだ。

12may09

大和ミュージアム

これまで帰省の度に何度となく大和ミュージアムの前を
通っていたが、息子はまったく興味を示さなかった。な
のに今回は「行ってみたい!」と言う。どうやら連休な
のに、本屋(&フードコート)以外はどこにも行ってな
い!という事実を変えたかった気配。

行ってみると、おとといに見た時よりも人が多い。展示
物を見るのも大変なほど。ビデオ映像は思わず涙が出て
しまう場面もあり、人ごみの中で泣かないように必死に
堪えた。

子どもからお年寄りまで、すべての世代が楽しめるよう
展示内容はよく考えてあった。けっこうリピーターがい
るのかも知れない。戦争はもちろんのこと、戦艦を作っ
た技術、それを現在、また未来へ向けてどう発展させ、
生かしていくか…というテーマまで含んでいる。

まだ日本の歴史も殆どわかっていない息子には、いまひ
とつ理解できていないようで、「この辺りは、戦争の頃
はどうなってたの?」と質問され、「戦艦を作る工場が
あって、たくさんの兵隊さんがここから戦争に出て行っ
たんだよ」と答えた。

幸い、父は帰還したので私も息子も今ここにいるのだ。

呉港に大和ミュージアムができたお陰で、私は帰省の度
にこの景色を見ては、帰還しなかった人たちに思いを馳
せるようになった。

5may09-1
*帰りにショッピングセンターに寄ると、ぜんまい侍が歩いていた。
5may09-2