肛門外科

『唇をかみしめて』の偶然がいい流れを運んでくれたのか、同級生から再度メールがきた。「肛門外科の先生はまだ診療しているので、どうぞいらしてくださいとのことです。患者思いの優しい先生だから、心配はいりませんよ」とのこと。どちらにしても、その病院に行ってみようと決めていたのだが、これで安心した。

受付をすませ、診察室の前で待っている私をみつけて、同級生がやってきて、しばし雑談。数年前の同窓会以来だ。病院はどこもそうかも知れないが、ここは特に年配の患者さんが多いようだ。彼女も患者さんに優しい先生なんだろうなと、なんとなくその雰囲気で感じられた。

そして、いよいよ診察室へ。HPで写真を見ていたのだが、物言いも優しい先生だ。患部にカメラを入れて、画面を見せながら、状況を説明してくださる。その後、その画像をプリントして、図を描きながらさらに説明。私自身は事前に自分の痔は「内痔核」だろうと思っていた。いまは内痔核は注射で切除できると知り、そのような治療をしてくれる病院を探して、ここにたどりついたのだが、先生によると私の痔は「外痔核」だという。しかも2ヶ所。その上、内痔核もあるにはあるらしい。

この2つの外痔核は手術で切除するしかない。その際、必要であれば奥の方の内痔核も注射で切除する--ということになった。しかし先生は、まもなく長期療養に入ることが決まっていて、その前に手術するとしたら、来週の木曜しかないとのこと。私もどうせなら早い方がいいと思い、その場で承諾。「時間がないので、きょうのうちに手術前の検査を全部受けてください」と、急遽、レントゲンなどあちこちの検査室を回り、必要書類をもらって帰った。

手術なんて初めてで、よくわからないのだけど、普通は手術をすることになってから実際の手術日まで、かなり日があくものなのだろうか!? 病院大嫌いの私としては、一刻も早く手術をしてもらった方がせいせいする(!?)ので、ラッキーだったのだろう。先生の体調はよくわからないが、首にコルセットを巻いておられた。手術は首に負担となるのではないだろうか・・・と心配しつつも、説明が丁寧で優しい先生で、本当にほっとした。

よく考えてみると、あのクリニックの医師は私に病状の説明を一度たりともしたことがなかった。内痔核か外痔核かすらも、教えてくれなかったし、患部の状態を見せてもくれなかったし(そんな器具もなかったような・・・)、この先生のように日ごろの生活習慣で気をつけることなども一切指示してくれなかった。今思うと、彼は私の痔を内痔核と思っていた節がある。「ここまで大きくなってたら、中に押し込んでも、出てきちゃうでしょ」と言われたのだ。で、実際、そうだったのだが、内痔核ならともかく、外痔核は中に押し込んではダメなのだ。だから、余計に痛くなったのだ。

もしかして、あの先生は単なるヤブ医者だったのか!? 日帰り手術のみ対応のクリニックだったから、私の痔の除去手術は施設面でも技術面でも人員面でも無理だったのかも知れない。(そういう場合は、提携する病院に入院して出張手術をするとHPに書いてあったような気がするが)。それで、私に責任をなすりつけて(?)、あんな風に撥ねつけたのだろうか?いい先生に出会えた今となっては、もう腹も立たないけれど。

“肛門外科” への4件の返信

  1. わたしも地主なので(痛くはないんですが)顛末に興味あり。
    ひどくなる前に勇気をだして病院に行こうかなあ。。

  2. くるぱんさん、みたぽんさん、由衣さん、コメントありがとうございます。遅ればせですが、手術のこと、これから思い出して書くつもりです。(まだショックから立ち直ってないですが…。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です