下校の見送り、どこまでやるか?

このところ下校時の帰り道、ハチの死骸がよく落ちている。
息子によれば、この時期、女王蜂がパートナーを選び、そ
れ以外のオス蜂は巣を追い出され、死んでいくのだと。

さて今夜はPTA役員会があった。ここは小中合同のPTAなの
だが、議題の「下校時の安全管理」について、中学生の下
校時に中学校職員が帰宅を確認すると書いてある。小学校
のことには触れてないので、どういうことかと聞いてみる
と、中学生は部活で帰りが遅くなるためだと。帰宅確認っ
て、電話でもするのかと思いきや、生徒がスクールバスを
降りて家に入るまでを教師が見守っているらしい。そのた
めに毎日夕方、先生がバス停で立ち番しているのだとか。

「え? 先生が子どもがバスに乗り込むところを確認した
ら、バスを降りてから後は保護者の責任なのでは?」と聞
くと、そうではないと。「え? 小学生は親がバス停まで
迎えに行くのに?」「小学生の帰宅は明るい時間ですから」
(え? 答えになってないよ!)「市内の他の中学校も、
同じことをしているのですか?」「いえ、ここだけです。
人数が少ないからできるのですが」。

回りは中学の保護者が殆どで、皆さん、容認している気配
だったので、それ以上は追及しなかったのだけど、どう考
えても変だよな~。

私が腑に落ちない表情をしていたのだろう。帰宅後に中学
の保護者の方から電話があり、詳しい経緯を説明していた
だいたのだが、どうやら一部の保護者の要請で始まったこ
とのようだ。う~ん、それでますます腑に落ちなくなって
しまったよ。亀裂は広がる!

*気持ちのよい一日だったのだけどなぁ。
DSC00444

2 Replies to “下校の見送り、どこまでやるか?”

  1. そうですよね!?
    びんぼっちゃんさんに同意してもらえると、ものすごく心強いです! 実は他にも腑に落ちないことがいろいろ…。変なことは変だと言わなくちゃ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です