NCISはファミリードラマ

我が家は昔から、基本的に朝ご飯と晩ご飯は家族3人で食べている。子供が中学に入って以降だろうか、いつのまにか夕飯時には、録画している1時間ドラマを一緒に見るのが習慣となっているのだが、3人共通で楽しめる英米のドラマを見ることが多い。今まで我が家で人気だったのは、『BONES』、『ホワイトカラー』、『スーツ』(ハリー王子と結婚したメーガン・マークルも出演)、『シャーロック』など。最近では『ツインピークス』や『スニッファー ウクライナの私立探偵』が好評だった。

けれど、我が家でダントツの人気ドラマシリーズといえば、『NCIS~ネイビー犯罪捜査班~』。アメリカ、ワシントンDCにある海軍犯罪捜査局を舞台とした一話完結のクライムドラマ。私はそんなに入れ込むほどではなく、夫と息子がえらく気に入っていて、なにがそこまでいいのだろうとずっと思っていたのだが…。

最近になって久しぶりにまた『NCIS』を見始めたところ、遠くにいた家族に再会したような喜びで妙に心が温かくなり、私もかなり『NCIS』にやられていることを実感。FOXで現在、シーズン15を放送中だが、我が家はまだシーズン14を見ている最中。ずっと前に録画してそのままになっていたものを、満を持して毎晩、3人で鑑賞しているのだ。

シーズン14ともなると、私たち、視聴者にとっても番組のキャラクターは長年、付き合ってきた友人のような存在になっている。そもそも、ボスのギブスを中心とした捜査班は「チーム」というより「ファミリー」なのだ。(実際、ドラマのセリフでもファミリーと言っている。)それぞれ個性のあるキャラたちの過去のトラウマなども、ファミリーは(そして視聴者も)知り尽くしていて、その都度、互いに助け合い、絆を深めていく。だから、視聴者にとっても彼らは愛おしいファミリーのような存在になっているのだ。

もちろん、長年の間にはメンバーの移り変わりもあるので、いくつもの別れや悲しい出来事もある。さらに、毎回、悲惨な事件が起こるのに、それでも最後にはジョークを言ったり、おちゃらけしてしまうアメリカ的な明るさに救われることも多い。「なんだかんだ言って、アメリカ人って明るくて強いな~、前向きだな~」と感心する。

そしてもうひとつ感心するのは、このドラマがある意味、海軍の宣伝番組にもなっていること。軍関連の制度やサービスなどの広報、あるいは一般的な啓蒙を兼ねた内容になっていたり、クリスマスやその他の折に触れて、「国のために戦っている皆さん」への感謝のメッセージを発信している。日本人である私はその都度、新鮮な感動を覚えるのだが、よく考えればこれ、当たり前のことなのだろう。

ロシアでは5月9日の戦勝記念日がもっとも重要な祝日で、若者が第二次世界大戦を経験したお年寄りたちに、「国のために戦ってくれてありがとう」とお礼を言うと聞いたことがある。ひるがえって日本はどうなのか…考えさせらる。

Once a Marine, Always a Marine.


↑これは琵琶湖のクルーズ船

*関連記事『NCIS~ネイビー犯罪捜査班

子亀みつけた

玄関前で小さな亀が歩いていた。
夏になると、大きな亀を湖の近くで見ることがあるのだけど、これはきっと子亀。
無事に大きくなってね。

シャバーサナの度に蘇る母の愛

このところポッドキャストでいろんな番組を聞いている。いろんな人の人生の物語を聞く番組が面白くて、刺激を受けているのだが、やはり幼少期の経験がその後の人生に大きな影響を与えているのだなぁと実感する。特に成功者といわれる人は、幼少期に辛い思いをした人が多いような気もする。その辛い経験を乗り越える力があったからこその成功なのだろう。中でも、親との関係に恵まれないことは、よほど辛いことなのだろう。親から愛されていると実感できずに大人になり、その思いを何歳になっても持ち続けている人は意外と多いのかも…。

さて、私は健康のためジムに通っているのだが、そこのヨガのクラスで最後に行うのが屍のポーズ、「シャバーサナ」。仰向けに寝て、全身をリラックスさせて、目を閉じる…。たいてい私は眠りに落ちて、大きな寝息や、下手をするとイビキをかきそうになって焦るのだが、これ、本当に心地よい時間なのだ。

このとき、なぜか私は子供の頃、母と一緒にお昼寝をしていたときのことを思い出す。甘えん坊の私は、小学校の低学年になっても、学校から帰ると母に抱きついて、一緒に寝転んでしばらく昼寝をすることがよくあったのだ。ぽっちゃりした母に寄り添って寝る安心感。私にとって至福の時間であった。

その後、私自身が母親になり、息子とのお昼寝の時間が一番の幸せな時間となった。今では息子もすっかり大きくなったけど、いまだに私は何かあると思い出したようにつぶやいてしまう。「一緒にお昼寝していた頃、楽しかったね~」。あんな幸せな時間はなかったよ、と心から思う。

子供として、親として、こんな幸せな時間を持てたことは、本当にありがたいことだ。この幸せな思い出があるから、「何があっても大丈夫!」と思えるのだから。今も横になれば、すぐに母の温かな腕に抱かれていたときを思い出せる。シャバーサナのたびに、亡き母のぬくもりを感じて、ぐっすり寝てしまう私なのだ。

ちなみに、今年の母の日は私のアピールが効いたのか、息子が初めて花束をプレゼントしてくれた。でも、「お母さんにもらったお金で買ったんだけどね」だと。

比叡山のセッコク

もう何年も前にもらったセッコク。夫が切った木の上に置いておいたら、いつのまにか花が咲いていた!

セッコクは、木や岩に着生するランの名前。比叡山の杉林にも着生しているらしく、台風のあと、セッコク好きの人が木から落ちたセッコクを拾ってきたものを分けていただいたのだが、何年たってもちゃんと咲いてくれるのが嬉しい。

ふと足元を見ると、雑草の中にも白い花が。雑草も意外と可愛いのね。草ぼうぼうの我が家の庭も、雑草の庭と思えばいいのかも。

ひからびるヤモリ

棚に埃がたまっているなぁと思い、夜遅くに掃除を始めたら、小さなヤモリを発見。色も薄いし、まだ子供のようだ。子ヤモリは慌てて方向転換。そのまま逃げるのかと思いきや、そこで止まってビクともしない。仕方ないので掃除は中断して、寝たのだが、翌朝見てビックリ。

ヤモリはまだ同じ場所に、同じ姿勢(というのか?)でいるではないか。夜の間に、姿を消すと思っていたのに。

夕方になっても、まだそこにいる。しかも色が少し濃くなってきたような。乾燥して、ひからびてきているような気が…。なんとかしたいけど、私には触れない。帰宅した夫に頼んで、外に放ってもらったので、たぶん大丈夫だと思うけど。ちなみに夫もその日、車庫でヤモリを見たらしい。もしかして家族かな。


*これはひからびる前のヤモリ

ヒヨドリ…かな?

今森光彦さんの『オーレリアンの庭』を見て以来、いつもにも増して窓の外をじっくり眺めている。春になると虫が増えるのは当然だが、鳥は一年を通して姿を見せる。

この季節になると、この家の前の住人さんが植えたサクランボの木に鳥がやってくる。サクランボといっても小さくて酸っぱくて、とても人間には食べられないのだが、鳥には美味しいらしい。去年まではメジロの一群が一斉に食べに来ていたが、今年は見かけていない。

代わりにもう少し大きな鳥がやってくる。鳥のことはよくわからないけど、たぶんヒヨドリか!? 部屋の中から口笛を吹いて呼びかけたら、振り返ってくれた! ちょっと嬉しい。

今森光彦『オーレリアンの庭』のシンクロニシティ

いつもは5時半起きだけど、きょうはお休みなので朝寝坊した。朝食の用意をしてテレビをつけたら、NHK今森光彦氏の『オーレリアンの庭』という番組が始まり、その心癒される映像に魅せられ、ずっと見入ってしまった。

今森光彦氏は、琵琶湖を臨む里山にアトリエを構える写真家として有名だ。そのアトリエは、たぶん私の大好きなドライブコースのあの辺りにあるんだろうな~と前から思っていたのだが、この番組ではそのアトリエを囲むお庭の四季をあますことなく見せてくれた。『オーレリアン』とは『蝶を愛する人』という意味だとか。今森氏は大好きな(やその他のいきもの)が集まるよう、庭にいろんな工夫を施している。番組の中では特に黒いアゲハチョウが舞っているシーンが印象的だった。

今森氏があちこちに手を入れて作った里山の環境…自然の色彩があまりに美しくて、心が癒されたのだが、その後、ふと外を見たら、我が家の庭にも黒いアゲハチョウが舞っているではないか!! 今年、黒アゲハを見るのは初めてだったので、思わず外に出て写真を撮っていたら、もう一羽、黒アゲハが飛んできた。それから白い蝶も! なんだか嬉しいシンクロニシティ!!

草ぼうぼうになってしまった我が家の庭も、自然のままだからこそ(!?)いろんな生き物が来てくれるのか!? 私も心癒すお庭を作りたいものだわ。

喫茶店のモーニング(目に見えないものって大切)


土曜日から大型連休が始まった。といっても子供は朝から通常通りに登校。夫は久しぶりに朝寝坊していたので、私は連休気分で「きょうはモーニングを食べに行こう!」と宣言。久しぶりに喫茶店に出かけた。いや、正確にはカフェ

ここに引っ越して来てから、モーニングで賑わう昔ながらの喫茶店をみつけたのだが、入ってみると壁には漫画が、テーブルには灰皿が並んでいて、主な客層はおっさんだった。メニューは豊富なのだが、タバコ臭くて、たぶんもう行かないと思う。(我が家は全員、タバコの臭いが苦手なのだ。)

一時、コメダ珈琲に通ったこともあったけど、できればチェーン店よりも個人のお店に行ってみたいと思い、ネットで検索したら、モーニングをやっているおしゃれなカフェを発見。早速、行ってみた。

最近流行のおうちカフェ。おしゃれな外観で、店内もくつろげる雰囲気。メニューもおしゃれ。若い奥さんがひとりで切り盛りしている。雑誌や新聞や本なども取り揃えてあり、ゆっくりと休日の朝を過ごすにはもってこい…のはずなんだけど・・・、ここもたぶんもう行かないと思う。

何がいけないのか、自分でもよく説明できないのだが、「決め手がない」のだ。外観も店内もメニューもおしゃれだけど、淹れたてのはずのコーヒーがあまり美味しくなくて、朝食も見た目はオッケーだったけど、さほど美味しくなかっのだ。別にまずいわけじゃなく、許容範囲ではあるのだけど。

帰り道に訊いてみたら、夫も「もう行かない」と言う。理由を聞いたら、「(店主の)雰囲気が暗すぎる!」
ええ~!?っと、個人的にはちょっとビックリ。何故なら夫はこと「お店関係」に限っては、「幸薄系」の人に心引かれ、同情心がそそられるのか、そういう店員さんがいるお店に逆に通うタイプなのだ。その夫が「もう行きたくない」というほど、そこの店主は「暗いオーラ」を放っていたらしい。確かに明るさは感じなかったなぁ。

ちなみに私たち以外のお客は、おばあさんのグループと、ひとりでやってきたおじいさんだった。おしゃれなカフェなのに、年寄りしか集まって来ないというのは、地域性なのか、時間帯のせいなのか不明だけど、店主の思惑が外れていることは確かだろう。

やはり、その人が放つ、目に見えない雰囲気って大切なのね。以前、故渡部昇一先生が毎日、通う喫茶店があると書いていらしたけど、近所に行きつけの喫茶店がある人って羨ましい。

結局、朝食は我が家でとるのが一番。野菜もフルーツもたくさん食べられるし、眺めもいいし。(あとは、もうちょっとお掃除しなきゃ。)

行きつけの蕎麦屋(私はいつも鴨なんば)

とうとう我が家の行きつけの(!?)本屋が閉店してしまった。
歩いて行ける距離に、年中ほぼ無休で営業している本屋がある!という不思議な安心感があったのに(涙)。

幸いなことに、山の集落に暮らしていた時と違って、今は歩いて行ける範囲に、他にもお店はいろいろとある。
本屋と同じくらい我が家の行きつけとなっているのが、こちらもほぼ年中無休のお蕎麦屋さん。夜は早く閉まるけど、ランチタイムを過ぎた頃でも食事ができるので重宝している。

特にうちの息子は、このお店がお気に入りだ。夫はラーメン好きで、私はエスニック好きなので、近所のほかのお店にも行きたいのだが、息子は断然、このお店に行きたがる。息子は、保育園のおやつで一番好きだったのが「かりんとう」、小学校の給食で一番好きだったおかずが「切干大根の煮物」という完全和食党なのだ。もちろん、夫も私もお蕎麦は好きなのだけど。

で、何度か足を運ぶうちに、自然と注文するものが決まってしまった。息子は「牛丼と蕎麦のセット」で、私は「鴨なんば蕎麦」。夫だけは、その日の気分。大きなお店なので、店員さんは何人もいるのだが、給仕のチーフと思われるおじさんに今ではしっかり覚えられているようで、私と息子は「いつもありがとうございます。いつものでよろしいですか?」と訊かれるようになった。もちろん答えは、「はい、いつものでお願いします」なのだけど。

昨年、私が3週間ほど入院した際、夫と息子のふたりでこの蕎麦屋に行ったら、このチーフのおじさんが、「きょうはお二人ですか?」と何度も訊いてくれたそうだ。そのせいではないけれど、退院の日、私は病院からまっすぐここに来て、お昼に鴨なんば蕎麦をいただいた。病院食に飽き飽きしていた私にとっては、最高のご馳走だった。

近県からたまに遊びに来てくれる友人も、ここのお蕎麦が大好きで、当時、アメリカ留学中だった娘さんに「ここのお蕎麦を食べさせてやりた~い!」と言っていた。(娘さん、寮の食事がまずくて、痩せてしまったらしい。)

行きつけの本屋はなくなったけど(『本屋閉店…どうすりゃいいの!?』)、行きつけの蕎麦屋よ、永遠なれ!!
ちなみに、美容室難民だった私に行きつけの美容室ができつつある。これについては、また後日。

ブログ移行のシンクロニシティ

といっても何のことかわからないタイトルですが、私は『鳩胸厚子の日記』以外にもいくつか無料ブログを(一時的に)やっておりました。そのうちのひとつが、広島の母のために作った『しんちゃん日記』。私が関西に引っ越した際には手伝いに来てくれた母ですが、その後、私が結婚した頃には旅行は無理な体になっていたので、孫の姿もお盆やお正月の帰省の時しか見せることができませんでした。赤ん坊の頃はビデオを送っていたのですが、母はパソコンはいじれたので、保育園に入った孫の様子がわかるようにとブログを作ったのです。けれど、その後、母が入退院を繰り返してパソコンどころではなくなり、ブログは休止となりました。

実はそのブログもこのサイトに移そうと思い立ち、昨晩、最初の記事を移行させてみたのです。その作業をしたのが、2018年4月16日の22時30分頃。そしてオリジナルの投稿日時を見ると、2005年4月16日22時24分。なんと、同じ日の同じ時間帯ではないですか!!! しかも、あとで気づいたのですが、この記事は本当は最初の記事ではありませんでした。私が最初の記事と勘違いしていただけ。

なんなんでしょうね、この偶然!? 
私の経験則では、シンクロニシティいい流れに乗っている時に起こるような気がするのですが…。今後何かあったら、報告します!