西日本豪雨で行方不明の呉署の晋川尚人さん(続報)

昨日(7月14日)、横浜の友人から晋川さんのご家族が7月13日の私のブログ記事をご覧になったと連絡があった。晋川さんには、奥様との間に2歳の息子さんもいらっしゃるとのこと。ますます涙が出てくるけど、7月14日付の読売新聞に記事が出たと聞き、多くの方が晋川さんのことを知ってくださったのが、せめてもの救いだ。

けれど、友人が送ってくれた新聞記事を読むと、またも涙が出る。同じ車で帰宅中だった呉署の警察官晋川尚人さん山崎賢弘(かつひろ)さんは、土砂崩れで行く手を阻まれた際、立ち往生しているほかの車の人たちに「避難しましょう」と声をかけ、誘導していたのだ。恐怖におびえる女性に「大丈夫ですよ」と声をかけ、一番後ろに移動した二人は「これがベストだよな」と確認しあっていたそうだ。ところが、またも土砂が押し寄せ、後ろにいた晋川さん山埼さんともうひとりの男性の姿が消えていたという。残りの7人は、幸いにもその後、救助された。

記事には、晋川さん山埼さんの顔写真も載っていた。お二人とも、なんていいお顔をしていらっしゃるんだろうと、またも涙。こんな若くて、りっぱな警察官を失ったとは悲しすぎる。勤務時間外でも、私たちの安全を守ろうと最善を尽くしたお二人に、国民のひとりとして感謝を捧げたい。しかも、私の故郷の警察官だなんて、誇らしい限りだ。

お二人については、その後、FNNや朝日新聞などでも報じられているようだ。ご本人、そしてご家族の無念さを思うと、悲しくてやりけれないけど、晋川尚人さん山埼賢弘(かつひろ)さんのお名前は忘れないと思う。私が広島を愛する理由がまたひとつ増えた。

お二人を含め、行方不明の方々が一日も早くご家族のもとに帰られることを祈っています。

*2018年7月13日の記事「呉署の晋川尚人さん(西日本豪雨で行方不明)

呉署の晋川尚人さん(西日本豪雨で行方不明)

きょう横浜の友人からラインが来た。かつて広島に暮らしていた頃の同級生の息子さんが、このたびの西日本豪雨で行方不明になっているのだとか。息子さんは呉署の警察官で、帰宅途中に熊野から矢野に抜ける道で土砂崩れに巻き込まれた人を助けているうちに流されてしまったという。

東日本大震災の時もそうだったけど、死者・行方不明者の人数だけ、毎日、ニュースで耳にするけれど、そのひとりひとりに家族や友達がいて、悲しみに暮れていらっしゃるのだと思うと、ただただ胸が痛む。突然、いなくなるなんて、本人も家族も、受け止められないだろう。

友人からのラインの最後には、毎日、息子さんを捜索に行っているという親御さんからのメッセージがあった。

最後の親ばか、息子の名誉をせめて拡散してください。

          呉署、晋川尚人。

 名前出してもらっていいです。

こうやって文字に残すことで、親御さんの思いがより一層、尚人さんに届きますように。

*2018年7月15日の記事「西日本豪雨で行方不明の呉署の晋川尚人さん(続報)

大杉漣さん急逝とベイブルース河本くん

2月21日に俳優の大杉漣さん急逝のニュースが報じられたあと、ネットでこんなことが話題になっていると子供が教えてくれた。大杉漣さんが亡くなる前に、Yahoo知恵袋に大杉さんの死亡日は?という質問が投稿され、その回答締め切り日が亡くなられた日だったというのだ。質問者は、ほかの質問は投稿しておらず、この質問をするためだけにID登録したのだろうかという憶測まで飛んだという。この質問はすでに削除されているが、検索するとキャプチャーした画像が出てくるらしい。

なんとも不思議な話だが、これを聞いて思い出したことがある。吉本の漫才コンビ「ベイブルース」をご存知だろうか? 私も詳しくないのだが、90年代にほぼ関西ローカルで活躍されていたので、全国的にはあまり知られていないかも知れない。私も当時、東京にいたので、東京のテレビで彼らを見たことはないのだが、関西在住の友人がビデオ録画して送ってくれていた神戸サンテレビ上沼恵美子の番組などに出演していたのだ。悩み相談番組だったと思うが、「ベイブルースの河本くんって面白い。この人は売れるな!」と思って見ていた。

ある時、先輩に誘われて珍しく飲み会に行き、初対面の男性(先輩の友人)と話していたら、関西出身のその方とお笑いの話になり、「ベイブルース、知ってる? 面白いよね。」と言われて盛り上がった。その時、私は「ベイブルースの河本くん、面白かったですよね~」と話しながら、ふと思ったのだ。「私、なんで過去形で喋ってるんだろう?」と。

そして翌日、飲み会明けで寝坊して、テレビをつけたら芸能ニュースで「ベイブルース、河本栄得さん急死」と報じていたのだ。びっくりして目が覚めた。もしかしたら河本くんの魂がこの世を去るとき、日本中の河本ファンにメッセージを送ったのだろうか!? だから私たちはあの日の夜、河本くんのことを思い出して、話していたのだろうか!? (それも過去形で!)

大杉漣さん、ベイブルース河本さん、才能あふれるおふたりのご冥福をお祈りいたします。
(*河本栄得さん、誕生日の前日の1994年10月31日、劇症肝炎による脳出血のため25歳と364日で死去。)

第六感(シックスセンス)

もう一年以上前のこと、私がたまに買い物に行くお店でパートをしていた友人の姿をぱったりと見なくなった。「もしかして入院でもしているのでは!?」と気になりつつ、3ヶ月ほど過ぎた頃に連絡をしてみたら、案の定、2ヶ月ほど入院していたとの返事。私より若くて、細身の彼女がそんな大病をしていたとはびっくりだった。まだ万全の体調とはいえず、遠出も控えているとのことだった。私自身も派遣仕事で忙しく、そのまま時間が過ぎ、つい最近、ようやく再会を果たした。

彼女も体力作りのため、家の近くを歩いているというので、一緒にウォーキングすることにしたのだ。歩きながら、お互いの近況を知らせあったのだが、彼女も私も時期こそ違えど、同じ病院の同じフロアに入院していたことが判明。彼女によると、ある朝、洗濯物を干している最中に突然倒れ、それでも意識があったので、自分でご主人や職場の同僚に電話をして、さらに救急車を呼んだのだという。しかも、その少し前に、なぜだかわからないけど、自分がそういう状況になることを感じていたのだとか。

そして私の姿を見ないまま、連絡も途絶えたまま、秋を迎えたとき、私が入院しているのではないかと、彼女は直観で思っていたそうだ。なぜだかわからないけど、病気を境にそういう勘が冴えてきたのだとか。身体の状態に敏感になると、本来もっている本能的?あるいは動物的な感覚が研ぎ澄まされてくるのだろうか。

頑張り屋さんの余り、今まで無理をしてきた彼女にとって、この病気は良い意味で「無理しない」ための言い訳を作ってくれたのかも…と思う。病気って、本当に深い意味があるのだとつくづく思う。

by 鳩胸厚子

LILINA ハワイの恵みから生まれたノンシリコンシャンプー



比叡山のパワースポットが引き寄せた(?)小さな偶然

今年、遠方のホスピスで亡くなった友人が、その昔、癌が発覚して手術を終えたあと、遊びに来てくれたことがある。その際、私と夫と3人で、比叡山でもっとも強力(と思われる)パワースポットに赴き、3人でその場所をぐるぐると3回廻ってお参りした。誰もいない山の中の密やかな場所での不思議な静謐な時間だった。私たち3人にとって、一生、忘れられない思い出だ。

今年の5月、近県に住む友人がご主人とドライブがてら比叡山に行くというので、私と夫も合流して、あれ以来、初めてのあのパワースポットに行った。私たちにとっての秘密の場所(!?)だ。そして友人夫婦と4人で、またもぐるぐると3回廻ってお参りした。もちろん、私と夫の頭の中には、あの友人のことが浮かび、彼女とここに来たときのことを友人夫婦に話して聞かせた。

近県から遊びに来た友人のご主人は、もとは外科医で、今はホスピスで主に癌患者さんの緩和ケアをしているのだが、遠方の友人はこの日に突然、病状が悪化して入院したのだと後日、聞かされた。なんという皮肉な偶然。いや、彼女が入院したからこそ、あの場所に私たちは引き寄せられたのか。いずれにせよ、私たちの祈りは届かなかったけれど、私たちがあの日、彼女のことを思っていたことは事実なのだ。

by 鳩胸厚子

LILINA ハワイの恵みから生まれたノンシリコンシャンプー



直観医療者

入院中、夫に頼んで家から本をたくさん持ってきてもらった。入院直後は読書できる状態じゃなかったけど、そのうち、じっくり本を読む時間に恵まれた。夫が適当にみつくろって持ってきてくれた本の中に、『病を寄せつけない心と身体と心を作る~直観医療からのメッセージ』(クリスタル・ナニ著)という本があった。病気を早く治すようにとの願いをこめて、夫が選んでくれたのだろう。自分で買ったことはなんとなく覚えているけれど、どうやってその本のことを知ったのか、いつ頃、手に入れたのか、記憶にない。買っただけで満足して、未読の本がうちには山のようにあるのだ。

直観医療」とは聞きなれない言葉だが、著者のクリスタル・ナニ女史は、子どもの頃から身近な人たちに命の危険が迫っているのを察知する能力があったという。長らくその能力を封印して暮らしていたが、看護師となってニューヨークの救急病棟で16年勤務する間に、否が応でもその能力に助けられることとなり、紆余曲折を経て、「直観医療者」としてさまざまな病気の人たちを救うことになったらしい。

彼女には、その人の身体のどこが悪いのか、どういう病気なのか、またその原因となった過去の出来事や心理状況などが見えたりするという。どの病気にも、当然ながら原因があり、身体上の病気も実際には心理的な内面の状態が大きく関わっていることを彼女は教えてくれる。

100歳まで生きた私の父も、「病気は自分で作るもの」というのが口癖だったが、私自身も今回の入院により、過去一年の自らの生活状況を反省させられた。しかし、この本を読んだことで、それ以上の驚きの発見もあった。

多くの病人をみてきたクリスタル・ナニ女史によれば、それぞれの病気にかかるパターンというものがあるらしい。性格や性質、また抱える問題のタイプによって、その人がかかる病気も違うようなのだ。

私の場合は、「自信のなさ」がそもそもの根本原因だったのかも…と気づかされ、自分でもはっきり言って、とても驚いた。確かに私は自信家ではないが、何事も楽観的に捉えるタイプだと自負していたので、「自分に自信がない」と明確に意識していなかった。でも、よく考えると、本当にそうだ。自分に自信がないからこそ、今まで、こういう人生を歩んできたのだな…と確かに思い当たる。

この気づきは、かなりの衝撃を私に与えている。ここから、どんな変化が起きるのだろう? 自分でも予測がつかない。
(ちなみにクリスタル・ナニ女史も、大変な病気を乗り越えて、自ら大きな変革を遂げる必要があったようだ。)


潜在能力開発(秋ですねぇ)

先日、私が算命学の師と仰ぐ親戚に会う機会があった。彼女は、私の少し年の離れた従兄のとても上品で素敵な奥さんで、だけど実は算命学の大家なのだ。これまでも折に触れて、算命学に基づくアドバイスをもらってきたが、遠方に暮らしているため、実際に会う機会は滅多になく、たまに会っても他の親戚も同席しているので、なかなか算命学の話を聞けずにいた。

今回は珍しくふたりでランチに出かけたので、直接、いろいろなことを聞けた! といっても、時間は全然足りなかったけど。意外だったのは、彼女が算命学の勉強を始める以前、潜在能力を開発する自己啓発セミナーに通っていたこと。要は瞑想して脳波をα波にする訓練みたいなものだったらしい。大きな会場で大勢が講師の話を聞いて練習したそうだが、彼女はすぐにα波状態に入れたという。とても気持ちよく、リラックスした楽しい気分になって、頭の中で「りんりんりん」という音が聞こえるので、自分でもわかるのだとか。

その頃、夫(私の従兄)が大切な鍵をなくして困っていたので、「私にまかせて!」と彼女は瞑想モードに入ったそうだ。そうしてα波状態になった時、飛行機の座席の下に鍵が落ちているところが見えたので、「航空会社に電話してみたら?」と告げたそうだ。最初は笑っていた夫も半信半疑で電話をしてみたら、本当に鍵があったという。どうも、これは単なる一例みたいで、訊けば他にも面白いエピソードがたくさんあるようだった。

帰宅後、私は嬉々として夫にこの話をした。「あの方はやっぱりすごい!」と。そして、その日の就寝時、私もちょっとα波の練習をしてみようと、ベッドに横になって目を閉じた。と思ったら、すぐにリンリンリンとかすかな音が聞こえるではないか。「一瞬でα波状態に入ったなんて、すごい!」と思い、「ねえ、いま頭の中でリンリンリンって聞こえたんだけど」と興奮気味に夫に告げると、冷静な声が返ってきた。「それ、外の虫の音だよ。」秋ですねぇ。


引き寄せの法則(新車編by夫)

思考現実化だとか、引き寄せの法則だとか、このところ私がぐだぐだ騒いでいるわけですが、常に静観していた夫が、いつのまにか新車を引き寄せていました。それも想像もできない方法で。(もちろん本人は無自覚だと思うけど)

我が家は広島愛ゆえに車もマツダと決めていて、夫と私とそれぞれにマツダ車に乗っています。(この辺りでは一家に2台がスタンダード。)私はおととし新しいマツダ車を買ったのですが、夫は走行距離もかなりいってる今年10年目のマツダ車に乗っていて、最近、窓の操作がうまくいかなかったり、ちょっと疲れてきているかな…?と思っていたところ。そこで、「そろそろCX5に買い換えろってことなんじゃない?」と私がけしかけても、本心では「CX5、いいなぁ!」と思っているくせに夫は「いや、まだ大丈夫」と言い張るのでした。

ところが先日、客人を乗せて山道を移動中、切り株にぶつかって車をへこませてしまったのです。夫自身もかなりへこんだようでしたが、それでも「修理して、この車に乗り続ける」と言うのです。私は「ほら、やっぱりこれは、早くCX5に買い換えろってことよ!!」とけしかけましたが、「いま買い換えるお金、どこにある?」と冷静に答える夫。「引き寄せるのよ~!!」と私は力強く答えましたが。

さて見積もり20万円の修理に車を出す暇もなく、夫は毎年恒例の出張仕事に出かけました。何年か前から、この時期は泊りがけで同業者のお手伝いに行くのですが、そこは携帯の電波も届きにくい山の集落なのだそうです。そして最終日の昼間、夫から「車がはまった」と連絡が入り、いったい何事かと心配したのですが、その後は電波状況が悪く、連絡がつきません。

ようやく夕方になって、電話が入り、状況がわかりました。山の集落のお宅に伺うため、細い道の脇に車を停めて降りたところ、とつぜん車がのろのろと後方に動き始め、そのまま道を越えて川に落ちていったのだそうです。車が動き始めた時点で、夫は慌ててドアを開けて、運転席に戻り、ブレーキを踏んだそうですが、たいした坂道でもないのに車は下がり続け、ドアを開けた状態で夫もろとも5メートルほど下の川底に落ちたのだとか。潅木などが茂っていたので、スピードはゆっくりだったそうですが、夫に怪我がなかったのは幸いでした。川の水深も30センチほどだったので、急いで荷物を取り出し、車体以外に物的な被害はほぼありませんでした。ラッキーだったのは、夫の車が到着したのをその家の方が窓から見ていらしたこと。次に窓を見たら、車が消えていたので不審に思った家の方が、外に出て来て、すぐに警察に通報してくださったのです。

その後、その家の方々や警察の方のお陰で、夫は車の処理を手配した上で、予定されていた仕事もすべてやり終えて、無事にタクシーで帰ってきました。お手伝いに行った同業者の方のはからいです。しかも、この方、「うちの仕事のせいでこんなことになって…新しい車を買わせてくれ」とおっしゃったのだとか。そんなわけにはいきません…と一旦は断ったそうですが、結局、その申し出を受けることに。ただし、原状回復ということで、夫はCX5ではなく、前と同じ車を買うそうです。

それにしても、なんとも不思議な話。まるで長年の愛車が、「早く次の車を買ってあげて~」と自ら去って行ったかのよう。これまで何度か、私や夫を危ない状況から守ってくれた大切な車だったので、突然の別れに私も少なからずショックを受けましたが、お陰でまもなく我が家には新しいマツダ車がやって来る予定です。

その同業者の方の懐の大きさに驚きつつ、これも何かのご縁かも知れません。来年以降、夫もますますご奉公させていただくことでしょう。

ほんとに新車を引き寄せちゃった夫に、ビックリです。いろんな意味で、すごい人だわ。


偶然の繋がり(5)

両親が亡くなってから、広島に帰る回数はめっきり減った。今年は母の七回忌なので、お盆に実家の菩提寺で法要をしてもらった。早いものだ。

法要のあと、レンタカーで竹原に向かい、忠海港からフェリーで大久野島に行った。母は女学校の頃、学徒動員としてこの島の毒ガス工場で終戦まで働いていたのだ。母亡き後、毎年、大久野島での慰霊祭の知らせが届くのだが、秋の平日に開催のため、まだ行ったことがない。今回、夫と子供と三人でやっと訪れた。

今では大久野島はウサギの島として有名な観光スポットとなっている。しかも、お盆休みの日曜だったので、港やレストランなどは大混雑。若い人でいっぱいだった!
大好きな瀬戸内海の中でも、この辺りの景色は本当にすばらしい。まさに日本の地中海。平和で美しいこの島で、毒ガスを作っていたなんて。

******

久しぶりに広島の同級生と会って、お茶をしたら、また偶然の繋がりを発見。息子が同じ学年の5名で同好会を結成しているのだが、その中のひとりのお父さんが広島出身だった。私の同級生と同じ仕事というか研究をしている人らしく、しかもその同級生のご主人と同じ高校の卒業生だったので、名前を出してみると、「よく知ってるよ~。この間、東京で一緒に飲んだところよ!」とのこと。世間は狭い!

*****

毎回、帰省するたびに思うのだが、今回も部屋がとてもきれいでびっくり。両親の生前から自宅1階の事務所を使ってくださっている社長さんが、私たちの帰省前に掃除をしてくださっている気配。いやはや、窓から床までピカピカの本気のお掃除。両親が結んでくれたご縁のお陰と感謝している。

*****

大久野島で母たちは大変な思いをしただろうけど、あの瀬戸内海の素晴らしい景色に救われたに違いない。私もいつまでも、いつまでも見ていたかった。

偶然の繋がり(4)–付記

ここ半年以上、用事がない限り参加しているジムのクラスがある。最近、そのクラスに新しい方がやって来るようになった。先日、そのクラスが終わって、近くのスーパーのお花屋さんで働いているお友達と喋っていたら、その方がお花を持ってレジに現れたので、「あ、先ほどジムでご一緒しましたね」とお互いに挨拶をした。

さて、東京の友達が遊びに来たとき、うちの家族も一緒に近所の蕎麦屋に出かけたら、土曜日の夜だったので満席で、入口あたりに順番待ちの人がたむろしていた。偶然にも、我が家の前に並んでいたのが、夫の元上司の一家! 「お久しぶりです」などと話していたら、支払いを終えて帰ろうとする人が前を通った。それが、またあのジムの顔見知りの方だったのだ。「あら、まあ、ここでも!」とお互いにびっくりして挨拶をした。

その後、いつもは行かない曜日に初めてジムに行ったら、お目当てのクラスがキャンセルになっていて、がっくり。と思っていたら、そこにまたその方がやって来て、「ええ~、このクラス、キャンセルなの~」とおっしゃるので、「私も知らなくて…」と会話が始まり、エアロバイクをこぎながら、しばらくお喋りをして別れた。この方ともやはり何か縁があるのかも!?

ちなみに、蕎麦屋では元上司が支払いを済ませてくれた。なんというラッキー。これは夫の引き寄せか!?