喫茶店のモーニング(目に見えないものって大切)


土曜日から大型連休が始まった。といっても子供は朝から通常通りに登校。夫は久しぶりに朝寝坊していたので、私は連休気分で「きょうはモーニングを食べに行こう!」と宣言。久しぶりに喫茶店に出かけた。いや、正確にはカフェ

ここに引っ越して来てから、モーニングで賑わう昔ながらの喫茶店をみつけたのだが、入ってみると壁には漫画が、テーブルには灰皿が並んでいて、主な客層はおっさんだった。メニューは豊富なのだが、タバコ臭くて、たぶんもう行かないと思う。(我が家は全員、タバコの臭いが苦手なのだ。)

一時、コメダ珈琲に通ったこともあったけど、できればチェーン店よりも個人のお店に行ってみたいと思い、ネットで検索したら、モーニングをやっているおしゃれなカフェを発見。早速、行ってみた。

最近流行のおうちカフェ。おしゃれな外観で、店内もくつろげる雰囲気。メニューもおしゃれ。若い奥さんがひとりで切り盛りしている。雑誌や新聞や本なども取り揃えてあり、ゆっくりと休日の朝を過ごすにはもってこい…のはずなんだけど・・・、ここもたぶんもう行かないと思う。

何がいけないのか、自分でもよく説明できないのだが、「決め手がない」のだ。外観も店内もメニューもおしゃれだけど、淹れたてのはずのコーヒーがあまり美味しくなくて、朝食も見た目はオッケーだったけど、さほど美味しくなかっのだ。別にまずいわけじゃなく、許容範囲ではあるのだけど。

帰り道に訊いてみたら、夫も「もう行かない」と言う。理由を聞いたら、「(店主の)雰囲気が暗すぎる!」
ええ~!?っと、個人的にはちょっとビックリ。何故なら夫はこと「お店関係」に限っては、「幸薄系」の人に心引かれ、同情心がそそられるのか、そういう店員さんがいるお店に逆に通うタイプなのだ。その夫が「もう行きたくない」というほど、そこの店主は「暗いオーラ」を放っていたらしい。確かに明るさは感じなかったなぁ。

ちなみに私たち以外のお客は、おばあさんのグループと、ひとりでやってきたおじいさんだった。おしゃれなカフェなのに、年寄りしか集まって来ないというのは、地域性なのか、時間帯のせいなのか不明だけど、店主の思惑が外れていることは確かだろう。

やはり、その人が放つ、目に見えない雰囲気って大切なのね。以前、故渡部昇一先生が毎日、通う喫茶店があると書いていらしたけど、近所に行きつけの喫茶店がある人って羨ましい。

結局、朝食は我が家でとるのが一番。野菜もフルーツもたくさん食べられるし、眺めもいいし。(あとは、もうちょっとお掃除しなきゃ。)

行きつけの蕎麦屋(私はいつも鴨なんば)

とうとう我が家の行きつけの(!?)本屋が閉店してしまった。
歩いて行ける距離に、年中ほぼ無休で営業している本屋がある!という不思議な安心感があったのに(涙)。

幸いなことに、山の集落に暮らしていた時と違って、今は歩いて行ける範囲に、他にもお店はいろいろとある。
本屋と同じくらい我が家の行きつけとなっているのが、こちらもほぼ年中無休のお蕎麦屋さん。夜は早く閉まるけど、ランチタイムを過ぎた頃でも食事ができるので重宝している。

特にうちの息子は、このお店がお気に入りだ。夫はラーメン好きで、私はエスニック好きなので、近所のほかのお店にも行きたいのだが、息子は断然、このお店に行きたがる。息子は、保育園のおやつで一番好きだったのが「かりんとう」、小学校の給食で一番好きだったおかずが「切干大根の煮物」という完全和食党なのだ。もちろん、夫も私もお蕎麦は好きなのだけど。

で、何度か足を運ぶうちに、自然と注文するものが決まってしまった。息子は「牛丼と蕎麦のセット」で、私は「鴨なんば蕎麦」。夫だけは、その日の気分。大きなお店なので、店員さんは何人もいるのだが、給仕のチーフと思われるおじさんに今ではしっかり覚えられているようで、私と息子は「いつもありがとうございます。いつものでよろしいですか?」と訊かれるようになった。もちろん答えは、「はい、いつものでお願いします」なのだけど。

昨年、私が3週間ほど入院した際、夫と息子のふたりでこの蕎麦屋に行ったら、このチーフのおじさんが、「きょうはお二人ですか?」と何度も訊いてくれたそうだ。そのせいではないけれど、退院の日、私は病院からまっすぐここに来て、お昼に鴨なんば蕎麦をいただいた。病院食に飽き飽きしていた私にとっては、最高のご馳走だった。

近県からたまに遊びに来てくれる友人も、ここのお蕎麦が大好きで、当時、アメリカ留学中だった娘さんに「ここのお蕎麦を食べさせてやりた~い!」と言っていた。(娘さん、寮の食事がまずくて、痩せてしまったらしい。)

行きつけの本屋はなくなったけど(『本屋閉店…どうすりゃいいの!?』)、行きつけの蕎麦屋よ、永遠なれ!!
ちなみに、美容室難民だった私に行きつけの美容室ができつつある。これについては、また後日。

大紅袍(だいこうほう)とスニッファー、ウクライナの私立探偵

とうとう見終わりました。『スニッファー ウクライナの私立探偵』のシーズン2。
紅茶党スニッファーは、以前も捜査の一環で日本茶を嗅ぎ分け、「東京」というあやしい日本レストランに行き、フグを食べたりしていたんですが、シーズン2の終盤では自宅で元妻に中国茶をふるまっていました。そして、そのお茶は茶木が6本しかないといわれる大紅袍(だいこうほう)だと説明。

「あれ、なんか聞いたことあるぞ!?」と思い、よく考えたら…。

今月初め、紫禁城から移築したお堂(?)での中国茶お茶会なるものに出席するという機会があったのです。中国のお茶はおろか、歴史その他についてもまったく詳しくないのですが、滅多にない機会だからと、誘われるまま喜んで出かけたところ、それはそれは夢のようなひとときでした。ちょうど桜も満開で、幸運に幸運が重なったような一日だったのですが、そこでいただいたお茶が「大紅袍」だったのです。

かつては皇帝専用茶として献上されていたという高級茶。病気の皇帝(あるいは皇后という説も)がこのお茶を飲んだところ、たちどころに病が治ったので、まとっていた赤いマントを茶木にかけたことから「大紅袍」の名がついたとか。
原木は武夷山の岩に生える3本のみ(スニッファーは6本と言ってたけど)。現在は原木を接木(そこからまた接木…)した茶木から生産されているそうですが、生産量はごくわずかだそう。

大紅袍」の名前の由来は、お茶会で説明していただいたけど、こんな希少な高級茶であったとは知りませんでした。これもスニッファーのおかげ。まさに、あの紫禁城の建物にぴったりのお茶だったのだなぁと改めて感動。高貴な香りのする、まろやかな甘味のあるお茶でした。本当にすばらしい機会を得たことに大感謝。

武夷岩茶大紅袍」と桜のお菓子(by 銀座・揚州名菜 秦准春

小さな引き寄せ(デコポンとお宝トマト)

私はデコポンが大好きで、毎年、故郷の広島から取り寄せていたのに、今年は申し込みをするのを忘れて、どうしようと思っていたのだが、昨日、スーパーに行ったら、デコポンの箱売りをしていた。それもけっこう安く! (残念ながら広島産ではないけれど)

このお店に時々寄るのは、私が通うジムから近いこともあるのだが、たまにほかのスーパーでは見かけない広島産の商品が置いてあるのだ。それも私の実家の近所の会社の製品だったり、私が生まれた町の製品だったり。地名を見るだけで思わず懐かしくて買ってしまう。

で、昨日は「デコポン、買おうかな」と思いつつ、広島産でなかったことから一度は売り場を通り過ぎたのだが、レジに行く直前に「やはり買おう。箱売りであの値段はかなり安い!」と思い直し、売り場に戻った。その途端、店のおじさんが「は~い、今からデコポン、半額にするよ~!」と声を上げたので、私は既にかなりお安いデコポンをさらにその半値で手に入れたのであった。ラッキー!! 見た目はB級だけど、味はA級で大満足。

ところが、昨日、そのスーパー、休日前の叩き売り状態で、トマトは売り切れていた。私はなるべく毎日、トマトを食べることにしていて、このスーパーに来ると必ずトマトを買うのだが、売り切れなんて滅多にないこと。「ああ、明日のトマトがないなぁ」と思いながら帰宅したのだが、そしたらきょう! 広島の実家の事務所を借りてくださっている会社の社長さんから、倉橋島お宝トマトが届いたのだ。毎年のことだけど、いつ届くかはその年によってまちまちなので、びっくり。

なお倉橋島お宝トマトは、県外には出荷されておらず、広島県内のスーパーでも手に入りにくいという人気のトマト。ほんとに、普段食べるトマトと味が違うんです。嬉しい!!

 
これが倉橋島のお宝トマト!

映画『愛さずにいられない(un monde sans pitié)』日本語字幕版放送キボンヌ(←死語!?)

1989年、フランス語もわからないのにパリに渡った私が、フランス語がわからないまま映画館で見たフランス映画エリック・ロシャン監督
の『愛さずにいられない(un monde sans pitié)』。そこら中にこの映画のポスターが貼ってあって、それで見たくなったんだっけ!? アパルトマンの近くには映画館がいくつもあって、週末になると夜遅くまで上映していたので、言葉がわからなくても映画はたまに見に行っていたのだ。田中好子主演の『黒い雨』や、江戸川乱歩原作の『屋根裏の散歩者』も、近所の映画館で見た。たぶん日本にいたら、見ることはなかったかも知れない。

で、この映画。イポリット・ジラルド演じるチンピラのようなチャラ男、イッポが彼とは住む世界が違うインテリ女性に惚れてしまうという恋愛ドラマ。イッポみたいな男は好みのタイプではないし、現実世界ではけっこうムカつくキャラだと思うけど、俳優さんの魅力のせいなのか(!?)、なんとなく目が離せなくて、キザな振る舞いもプッと笑えてしまう。フランス語はわからなくても、パリの街と、めくるめく恋の空気が感じられるだけで、うきうきしてしまう映画だった。

妙に気に入って、しかも内容をきちんと知りたかったので、帰国後に日本の映画館に再度、観に行ったように思う。ビデオも持っていたはずだけど、何年も前にビデオやレーザーディスクはすべて処分してしまった。その後、この映画のことを思い出し、もう一度観たいと調べたけれど、残念ながらDVD化はされていないようだ。YouTubeにはオリジナル版がアップロードされているが(これ違法!?)、私は日本語字幕版をもう一度観たい!! DVD化は無理でも、どこかの有料映画専門チャンネル放送してくれることを切に願う!!

といっても、正直言えば、私にとって、この映画の内容はたいして問題ではなかったのだ。私が何度も思い出すのは、パンテオンがどか~んと映るところから始まるオープニングのシーン。パンテオンからリュクサンブール公園近くのカフェ(Le Rostand)が映り、イッポが闊歩する通りもなんとなく見覚えがあるような気がして…まさに私の生活圏が舞台だったので、忘れられない作品だったのだ。

オデオンからリュクサンブール公園方面に向かう途中に、(たぶん)ベトナム華僑が経営する安くておいしい中華屋さんがあり、そこでセットメニューを食べるのが、映画館に行くのと同じくらい当時の私にとってはささやかな楽しみだった。スープは必ず酸辣湯。ああ、あの酸辣湯をもう一度、食べてみたい!
おしゃれな映画から中華の話になってしまったけど、次回はリュクサンブール公園の思い出について書こうと思う。
(*ちなみに2010年7月5日の日記でも、このお店に触れている。)

ちなみに、もうひとつ、この映画で忘れられないシーンがある。イッポと彼女が、夜、窓からエッフェル塔を眺めていて、イッポが指を鳴らすと、エッフェル塔の灯りが消えるという・・・。ね、キザでしょ!? 笑っちゃうでしょ!? でも、そこがいいんだなぁ、不思議なことに。ああ、イッポ、現在、62歳。どっひゃ~。

カールおじさん、発見!



ブログをさぼっているうちに新年を迎えてしまいました。「毎日をもっとゆっくりと」なんて言っていたのに、なにを血迷ったのか10月から派遣社員として週5日のフルタイム勤務(1年限定)を始めてしまい、生活が激変しちゃいました。平日の昼間にまったく自由時間がない生活がこれほど不便だったとは。今までの生活がどんなに快適だったか、今更ながらに実感しました。春頃には現状を少し改善したいと、ただいま画策中。

ところで昨日、スーパーで久しぶりにカールを買いました。金曜の夜ということで気持ちがゆるんだか、一週間分の疲れやストレスがたまっていたのか、夕飯後にさっそく息子とふたりで食べ始めたら、息子が一言。

「あ、カールおじさんだ!」

ほんとだ~! これが噂のカールおじさん!? 100袋に一個とも言われている!? ちょっとラッキーな気分。カールはあっという間に食べつくしましたが、カールおじさんは新年会に出かけて留守だった夫のために夜中までとっておきました。(その後、酔っ払った夫の胃袋に~)

今週末は全国的に大荒れ、大雪の予報ですが、「なんでいつもセンター試験の日に限って・・・」という声を聞いて、ふと思いました。「引き寄せの法則」的に考えると、センター試験の日だからこそ、大雪なのかもと。私たちがものすご~く求めていること、あるいはものすご~く求めていないこと、とにかく強く考えていることが現実になるのだとしたら、「センター試験の日だけは荒天になってほしくない」と多くの人が強く思えば思うほど、荒天を引き寄せてしまう!?

ともかくも、受験生、がんばれ!!

↓幸運のおすそ分け
カール

上沼恵美子の「こころ晴天」

DSC05560

久々の更新です。

中学生になった息子がパソコンでNHKラジオの基礎英語を聞いていることから「radiko」の存在を知り、つい最近、私もパソコンでラジオを聴くようになりました。要はテレビがつまらないから。それにラジオだと、聴きながら用事もできるし。

それで、一度、聴きたかったABCラジオ“上沼恵美子のこころ晴天”を先日、初めて聴いたのです。お昼から延々と恵美ちゃん(と勝手に呼びます)がお喋りするのですが、どうでもいい雑談なのに何度もぷっと吹き出すはめに。いやはや、楽しかった。

んでですね。今朝! 9時すぎに郵便屋さんが来たんです。「小包で~す!」と。そして、チルドのシールが貼られた阪神百貨店の大きな箱を渡されました。送り主に「上沼恵美子の・・・」の文字が見えて、「え、なに~!?」

中には、「番組宛にお便りを頂戴し、お礼もうしあげます。抽選の結果、ご当選致しましたので、商品をお送りさせていただきます。」の手紙が。
(*プレゼントをもらってこんなことを言うのもなんですが、文法的におかしくないですか? 「ご当選致しました」は「当選されました」じゃない? 最後の文も「商品をお送りします」でいいと思うけど、最近はこの手の文章が多いですね。)

箱の中身は、「宮内伊予柑」!! 冷えていて、とても美味しそうです。
実は朝食時に、「これが最後のデコポンよ。きょう果物買ってこなくちゃ」、「お母さん、きょう伊勢丹に行くんだっけ?」「伊勢丹には行くけど、伊勢丹で果物は買わないよ」「高いから?」「そう。いや、たまには高級なおいしい果物も食べたいけど、電車で行くから重い買い物はしたくない」などと息子と話したばかりだったのです。そこに現れた高級伊予柑!!! 私が歓喜したのは言うまでもありません。

しかし、はて・・・と立ち止まりました。ハガキは送った気がするけど、何を書いたか覚えてないのです。伊予柑プレゼントと聞いて、ハガキを出したのかなぁ? きょうのキーワード、なんてのがあったのかなぁ? 用事をしながら、ラジオを聴いて笑っていたせいか、記憶が飛んでます。自分で自分が信じられん。

ま、美味しい伊予柑がきたことを素直に喜びます。大笑いして楽しい時間を過ごしたと思ったら、こんな美味しいものまでいただいて、最高ではないですか。ABCラジオ、上沼恵美子のこころ晴天(月)12時~!!!

4月からradikoの有料会員になると、全国のラジオが聴取できるので、関西以外の方も、ぜひ月曜のお昼から笑ってください!

国産主義

「米食品医薬品局(FDA)は14日、韓国産のカキ、貝、ムール貝、ホタテなどの貝類が、人糞などに汚染され、食中毒を引き起こす恐れがあるとして、流通業者に販売禁止を通告した。複数の韓国メディアが報じた。」という内容のニュースがネットでは報じられているのだが、新聞も報じているのかしら? テレビでは一切言わないよね。

人糞汚染の意味がわからなかったのだけど、記事を読むと、船舶の排泄物処理施設が不十分であることが指摘されている。ほかにも、養殖場近辺に人糞が廃棄されているという情報も・・・。

にわかには信じられない話で唖然としてしまったけれど、これでやっぱり食べ物は可能な限り国産を買うのだ!!と改めて思った次第。息子のお弁当に欠かせない梅干も、中国産の梅に比べて国産だと値段は倍以上するけれど、国産を買うことにしている。

それにしても最近の日本のテレビって、韓国に都合の悪いニュースは極力、報道しないような気がするのだけど、私が気にしすぎ!?

上記の貝類は、日本に輸入されていないのかしら?とちょっと心配なんだけど。

DSC04219

東京の蕎麦屋

滅多にないことだが、夫はきょう日帰りで東京出張だった。お昼に東京駅に着き、2時からの会議に出るとのこと。そこで、乗り換え駅の近くの蕎麦屋で昼食をとることを勧めた。友人がつい最近、そこで働き始めたからだ。ちょっと高級で、しょっちゅう有名人がやって来る店なのだという。ただし、友人はまだ見習いなので、気軽に声をかけてはいけないと夫には釘を刺しておいた。

んで、夫は実際にその店に行ってくれた。さすが東京の有名店だけあって、行列までは出来ていないが、ひっきりなしに客が出入りして、とにかく人が多かったそうだ。「いらっしゃいませ~」などの声かけも独特で、お店の真ん中に陣取った若女将と番頭さん(?)のふたりに、客も従業員も監視されているような雰囲気で、長居することはもちろん、なかなかリラックスも出来なかったという。そして結局、私の友人がどこにいたのかもわからずじまい。

あとで友人から話を聞くと、東京でもかなり特異なお店らしいのだが、関西ではあり得ないお店かも知れない。私も昔、東京に暮らしていたなんて・・・今となっては信じられない。

*息子から、「弁当は軽くていいから!」としつこく言われる、きょうこの頃。
DSC04198

ラーメン探訪

きょうも朝から夜まで息子は塾。夫もきょうは午前中、仕事に出かけた。そのため私が代わりに自治会の会議に出かけたのだが、議題が多くて、なかなか終わらない。昼前に終わる予定だったのに、家に戻るとすでに2時。そこで一足先に帰宅していた夫とふたりで、ラーメン屋にゴー!

いくつかの選択肢の中から、夫が職場からたまに出かけることがあるというラーメン屋に足を延ばした。私はまだ入ったことがない店だ。家からちょっと距離があるのと、いかにもガテン系向けの雰囲気で、女性だけではまず入らないだろうというお店なのだ。

さすがに午後2時を過ぎているので、お客は殆どおらず、冷房がきいて寒いくらい。メニューの数が多すぎて、悩んでしまったが、結局、四川風の冷麺を注文。ああ、なんでこんな日に限って、こんなものを頼むんだろうと後悔する。きょうは先日、買ったばかりのトップス(ちょっとお高め)を初めて着ているのだもの。下手すると、唐辛子色の冷麺のタレが服に飛びそう・・・。

ハンカチをナプキン代わりに、気をつけて食べたものの、ああ~残念。よく見ると、2箇所に小さなシミが! 幸い、あっさり系のタレだったので、洗えば落ちそうな気がするし、お腹にもたれない味だったので、よしとしよう!

だって今夜はワールドカップ・アジア最終予選のオマーン戦で日本代表が3-0と快勝したのだから。とっても気分がいい! スタジアムに翻る特大の日の丸もすごかったし、ゴールを決めた瞬間に日の丸にキスをした本田選手の姿にも感動! 代表チームこそ、いま日本で一番、信頼できる日本人だわ。(それに比べて、政治家は・・・)

DSC04195