第9回『お坊さんと話そう』20歳で行院、その後、比叡山の小僧に(2018.05.20.)

前回の続きで、ご住職自身の体験を伺いました。般若心経も読めない状態で比叡山行院に入り、2ヶ月の修行を終えて無事、僧侶に。大学卒業後、アルバイトで学資を貯めてから叡山学院で仏教を学ぶことになったそうですが…。

第8回『お坊さんと話そう』比叡山の一山住職と小僧さんについて(2018.05.13)

比叡山延暦寺のお坊さんは「一山住職」と呼ばれますが、これはどういう意味なのか。それから、お山の小僧さんの生活についても聞いてみました。でも時間が足りなくて、尻切れトンボに。続きはまた次回!

第7回『お坊さんと話そう』比叡山の三年篭山修行について(2018.05.06)

比叡山の行院で2ヶ月の修行をすると天台宗の住職になれるそうですが、延暦寺の住職になるにはさらに比叡山に3年篭って修行をするのだとか。さて、具体的にどんな修行をするのか、訊いてみました!

第6回『お坊さんと話そう』比叡山行院での修行について(2018.04.29)

奈良・平安時代のお坊さんは超エリート国家公務員だったが、現在はどういう人がお坊さんになっているのか? 普通の人がお坊さんになりたい場合はどうすればいいのか? また天台宗の住職になるには、どんな修行が必要なのかを伺いました。

第3回『お坊さんと話そう』現代の比叡山のお坊さんの生活は?(2018.04.08.)

第1回、第2回は奈良、そして平安時代のお話がテーマでしたが、第3回は現在の比叡山について伺いました。「比叡山のお坊さんって、どこに住んでいるの? 比叡山ではどんなことをしているの? なにを食べているの?」という素朴な疑問に答えていただきました。さて…。

第2回『お坊さんと話そう』天台宗、そして最澄について(2018.04.01)

平安時代に始まった天台宗は、奈良仏教よりも実は古い宗派であったと、前回のお話で聞いて驚きました。最澄さんは若くして奈良の都に行き、最新の教えに心酔したのか…と勝手に想像していたのですが、どうもそうではなかったようです。日本の天台宗は、温故知新の宗派だった!?

第1回『お坊さんと話そう』比叡山延暦寺について(2018.03.25.)

比叡山延暦寺のご住職にお話を伺いました。まずは「比叡山」、そして「延暦寺」について簡単に伺おう…と話を始めましたが、歴史が長くて、ほんのさわりだけで予定の15分が終了。この話だけで、延々と続きそう…。でも奥深いです。