サービスとは?(クリーニング店で考えた)

我が家はそもそもクリーニング店を頻繁に利用しないのだけど、ここに引っ越してから、今まで利用していたスーパー内のクリーニング店から近所のお店に乗り換えた。知り合いの親族の方がやっていらっしゃるお店と知ったからだ。隣町に本店、支店があって、この住宅地にも新しいお店を出したということだった。

私は勝手に、「長年、地元密着で、こだわりの職人的な仕事をしてきたお店」という印象を持っていた。大手より値段はちょっと高いかも知れないが、丁寧でいい仕事をしてくれそうだと。

喪服が破れていたことに気づき、昨日、初めて隣町のこのクリーニング店に赴いた。本店には洋服のお直しコーナーもあるからだ。そこで直し&クリーニングをお願いするつもりだったが、私の持っているポイントカードは住宅地のお店専用で、本店では使えないという。仕方ないので、とりあえず直しだけ頼んだら、「明日の朝一番には出来てます」とのことだった。

朝一番には行けなかったので、きょうの夕方、再び隣町の本店まで行ったところ、クリーニングのカウンターにいたスタッフの方から、「お直しは終了しました」と告げられた。なるほど、お直しコーナーの前に鎖がかけられている。「受け取りだけなんですけど」と言ったのだが、「担当者が帰ってしまったので・・・」とのこと。お直しコーナーがクリーニングより営業時間が短いとは知らなんだ~。

料金は支払い済みだし、そこに私の喪服がかかっているのが見えているのだけど、私はすごすごと店を後にした。日本のサービスとは思えなくて、中国に住んでいた頃を思い出してしまったよ・・・。さて、これからもこの店に通うべきか否か・・・悩み中だ。

*昨日のランチ。
DSC03868

久々の井戸端

今朝目覚めると、雪が積もってる! 
きょうの合唱の待ち時間に久々にお茶をしようと
昨日からママ友と約束していたのだが、この程度
の雪なら大丈夫!

結局、3人が集まって、久しぶりにお喋りできた。
雪まつりが開催されるか、来年度の子どもは何人
か、役員はどうなるか…身近な情報交換をして、
ストレス発散!!

でも、話せば話すほど、地元の未来が暗いものに
思えてくる…。

*湖畔も積雪!
DSC00871

消えていく・・・!?

国会中継が面白くて、ついつい仕事の手が
止まってしまった。中でも石破さんの質問
は理路整然としていて、勉強になった。

しかし…見渡せば停滞感と閉塞感でいっぱ
いの世の中。今年に入ってから、老人会の
スクールガードの方々に一度も会わない。
「寒いし大変ですから無理しないでくださ
い」と言っていたので、来てもらわなくて
も構わないのだが、今まではこの役目を励
みにしてくださっていたお年寄りの気力を、
寒さと老いが上回ってしまったのか…と心
配になる。

世間的にはリタイア世代だが、集落内では
若手のご夫婦が地元の神社&お寺の係りか
ら抜けた…という話を耳にしたが、ほぼ一
ヶ月以上、そのお宅はお留守のまま。何か
あったのかと心配になる。冬の間だけ脱出
することにされたのかしら。

こうやって少しずつ人が消えていき、やが
てこの集落も消えていくのだろうか…!?

*隣の集落から手作りパンのおすそ分けを
 いただいた。美味しかった~!!
DSC00866

国会中継

仕事をしながら、ついつい見てしまう。
国会中継とTwitter。

先日、小池百合子議員が外国人参政権付与について
質問したときは、野次も拍手もなく静かだったこと
が却って不気味だった。賛成反対いろいろ意見があ
って盛り上がるだろうと思っていたのに。

きょうは川端文科相の連絡拠点として事務所費が支
払われていたのが、労組幹部の自宅だったと突っ込
まれていた。前から労組が支持基盤の議員さんは、
過疎地なんて見向きもしてくれないなと思っていた
けど、やっぱりね、と納得。

ああ、心が暗くなる。

*昨日と同じ場所がきょうはこんな感じ。
DSC00842

地域活性化のカギ

やっと金曜の「ニュースの深層」の再放送を見た。
(金曜は録画予約に失敗してしまったのだ…)
テーマは地方の雇用の活性化。特に限界村落が復興
するかどうかのカギは、住民の危機意識とリーダー
の存在だとか。前に大野晋氏が講演会で、「まずは
女性。おばちゃんが地域の原動力」とおっしゃって
いたけれど、男性のリーダーがいて、おばちゃんた
ちが彼を支えていくというパターンが多いような…。

雇用を生み出すのは、主に製造業。しかもハイテク
など工業系よりも、食品加工の工場の方が長期的雇
用をもたらし、地元の他の産業への貢献度も高いら
しい。

寒いこともあって、家にこもって情報のインプット
ばかりしているが、そろそろ動き出さねば…とも思
っている。

*霜はおりたけど、雪はいっさいなし。
DSC00840

奈良へ~!

快晴の朝、夫はきょうは休めるので「奈良へ行こう」
と決まった。去年から1月中に奈良の伯母を訪ねよう
と話していたのだ。

ちょうど朝早くに病院の母からも電話が入った。声も
前より元気そうで、ボケ防止に日記をつけ始めたとい
う。母のことをいつも心配している奈良の伯母に報告
したら、少しは安心するだろう。

86歳になった伯母は、思った以上に元気で、これなら
まだまだ一人暮らしができそう。二階のタンスのこや
しになっている大量の洋服や、冷凍庫に満タンになっ
てる食料を持って帰れと、いったい何をしに行ったの
やら…というほどの荷物を持たされた。

自分の仕事や、やりたいことも、いろいろあるように
思いつつも、こうやって誰かのために時間を費やすこ
との方が意味があるように思えるきょうこの頃。

また奈良に行こう。

*朱雀門!
DSC00834

Twitter

今朝、出勤した夫からすぐに電話が入った。
うちのすぐ近所でスリップ事故があったらしい。
しばらくするとパトカーや救急車のサイレンが聞
こえ、息子を合唱を送っていく時間になっても、
まだ交通規制をしていた。運転、気をつけなきゃ。

私はきょうから仕事にとりかかったのだが、実は
この間からTwitterにはまっていて、ついついチ
ェックしてしまう。うまくいけば、リアルタイム
で知らない相手にメッセージが伝わる可能性があ
る。「全世帯にブロードバンドを!」という原口
総務相のつぶやきに、こちらの窮状を訴えたら、
気がついてもらえた気配。

一方で、なんかちょっと違和感ある意見もあふれ
ていて、情報化社会っていろいろあるな…とも思
う。基本はリアルな社会できちんと生活すること
だわね。

で、現実に戻り、今夜は家族全員で食べ放題レス
トランへ。三人とも、なぜか別々に行ったことは
あったのだが、一緒に行くのは初めて。メニュー
も一新され、しかも値下げということで大盛況!
他のお店は閑散としてたのに…。デフレ不況!?

*我が家はあの山の向こう側。
DSC00828

昇華

きょうで一気に雑用と小さい仕事を片付けようと
思っていたのだが…「お昼から行っていい?」と
ママ友から連絡が入った。

彼女とは、年末からちょっと距離ができていた。
長年の悩みをずっと聞いてきて、それがやっと解
決に向かったのに、その最終局面で彼女がすべて
を封印してしまい、その問題について私を含め誰
にも一切語らなくなってしまったのだ。私として
はわけもわからず消化不良のまま。しかも意に反
し、私も少なからずその問題に足を踏み入れてし
まったので、彼女の態度は無責任じゃないかと思
っていたし、その気持ちを彼女にも伝えた。

そして久々のきょうの再会。彼女から問題が最終
的に解決するまでの顛末を聞いた。私の知らない
ところで、いろんなことがあって、私が思ってい
た以上に嫌な思いをしていたことが判明。そりゃ、
封印したくなる気持ちもわかる…と納得した。

それも今はもうすべて過去のこと。嫌なことも昇
華され、彼女は次のステップに進んでいったよう
だ。それを見て私もほっと安心。やっと平和が訪
れた~!

きょうの用事はすまなかったけど、気持ちはすっ
きり。彼女への誤解やわだかまりも消えてなくな
った。

息子はきょうは校外学習。給食が大好きなメニュ
ーの日に限って、お弁当になるんだよな~とボヤ
いてた。

*今朝は粉砂糖のような雪。
DSC00827

大人の話

夫は今夜かつての同僚の結婚パーティ(@京都)
に出席する。なので、朝晩と私が送迎することに。
夕方は子どもの習いものが京都であるので、久々
の友人と合流してご飯を食べて、夫の帰りを待つ
ことにした。

若い独身の友人の話を聞いていると、これからの
可能性が広くどこまでも開かれているようで、な
んだか眩しい!

こちらの愚痴も喋っていたら、ゲームに夢中にみ
えた息子から、「お母さん、こうやって喋ってス
トレス発散できるね」と突っ込まれた。しかも、
その後、こっそり「田舎の生活もいろいろ不便だ
から考えるのよねぇ」と話していたら、突然、
「僕、転校してもいいよ!」と言うのでビックリ。

大人の話をしっかり聞いていたのか。子どもだと
ばかり思っていたけど、いろいろ考えているんだ
なぁ。

*朝、送っていくとまだもやが…。
DSC00825

気温が上がると・・・

雪がとけるのはいいのだが、カメムシも動き出す。
顔を洗おうと思うと、洗面台の排水のところに1匹。
お湯をわかそうと思うと、電気ケトルの注ぎ口に
1匹。窓を開けようとすると、ガラスに1匹…。

午後からは今年度最後の授業参観。仕事が忙しくて
欠席のお母さんも多いが、久々の顔を見かけて、し
ばし雑談。

わずか6人のクラスながら、休憩時間に6人がひとつ
の椅子に座ろうと、きゃあきゃあ遊んでいるのを見
て、微笑ましく思う。男女が恥じらいもなく、こん
な無邪気に遊べるのも、あと少しかも…!?

*校舎の裏には、かろうじてまだ雪が!
DSC00824