子供時代の感情のコントロール

うちに遊びに来てくれたお客さんが帰るとき、うちの子は悲しさのあまり、暴れだすことがあります。きょうも悲しさに眠さと空腹が加わって、収拾がつかなくなりました。本人にもコントロールできない状態です。悲しくて、足をバタバタさせながら、「行かないで~」と泣き叫ぶ姿を見たら、6~7歳頃の自分を思い出しました。

その頃、我が家は父の勤務する会社に住み込んでいたのですが、会社のおばちゃんたちが仕事を終えて帰って行く後姿を、私が泣きながら追いかけていくので、いつも母が後ろから引き止めていたのです。明日も会えるとわかっているのに、この世の終わりかと思うほど悲しかったことを覚えています。

いったん悲しみがおさまると、ケロリとして、いつもの明るい表情に戻っているのが子供のいいところ。もてあますほどの感情があるのはいいことだけど、そのコントロール方法を身につけてもらわないとなあ。

いや、子供よりもまずは自分が身につけるべきか。子供は親の鏡だと、つくづく思います。

寝姿

記憶

先日、なんでだか、うちの子(4歳)がおなかにいたときの話になり、本人に「そのときのこと、覚えてる?」と尋ねると、「覚えてな~い。」これまでも何度か尋ねたけれど、いつも同じ答え。が、今回は自分の作り話で、そのときのことを語り始め、それがあまりにリアルだったので、びっくり。やはり潜在意識の中に、しっかり残っているんでしょうか。

自分について考えると、どうも私の記憶装置は自分に都合のいいことばかりを覚えさせているようです。この年まで生きていると、悲しかったこと、つらかったことも多少はあったかと思うのですが、いい思い出しか思い出せない。

自分の意識のどこかに悲しい記憶も残っているんでしょうか。いや、悲しかった過去の出来事は、事実として記憶に残ってはいるのだけど、それを思い出しても、悲しみは蘇らない。逆に、幸せな思い出は、今思い出しても、そのときの幸福感が味わえるのです。なんとも都合のいい、私の記憶装置!

そういえば、チュンサンとしての記憶を失ったはずのミニョンさんが、チュンサンと同じことを言ってたなあ…。と、また冬ソナのこと、考えてる。やばい、やばい。

木

イブの朝、世界について考える(ブッシュとイラク)

今朝も雪が降りました。宿直で不在の夫に代わり、犬の散歩に行きました。きょうは、いつもの川の流れる音と、朝の鳥のさえずりに加えて、山の木々から雪が融けて落ちる音が聞こえます。

おととい保育園のノートに書かれていた先生の言葉が、まだ気になっています。うちの子は、ほかの子供たちの世界とちょっと違うところがあって、話がかみ合わないこともあるのだとか。その日は、アメリカのブッシュの話をしたそうです。

テレビのニュースを見ていると、子供がときどき質問します。たとえば、子供向け番組の戦いのシーンとは明らかに違うイラクでのテロ戦闘の場面。「どうしたの?」「あれ、どこなん?
こういうとき、どう答えればいいのか、悩みます。大人の言葉でとりあえず説明すると、子供なりに解釈して、さらに質問してきます。
なんでブッシュは、イラクを壊したん?

こんな平和なクリスマスイブの朝、美しい日本の山の中で、私はまだ息子の質問について考えています。

イブ

保育園のクリスマス会

冬至のきょう、保育園のクリスマス会に参加。言うこと聞かないわが子と、保護者のお母さん方とずっと一緒にいたせいで、どっと疲れてしまった。いまだにママさん友達できません。協調性のない母にして、この子あり・・・。

散会後、グランドに出て、隣りにある小学校の二階の窓を見て、ちょっとなごんで帰りました。

ああ、やっぱり我が家がいちばん!
サンタ

今朝の夢はなに?

保育園に通う息子が、「れみちゃんはヨン様が好きなんやて」と教えてくれました。テレビ(特にCM)の影響は大きく、息子も「ヨン様」や「マツケンサンバ」をいつのまにか知っています。

さて、昨晩ベッドに入った息子は、「きょうはなんの夢かなあ。もちつきかなあ」とニコニコ。翌日の保育園でのおもちつきが楽しみで仕方がない様子。

今朝、「おもちつきの夢、見た?」と尋ねてみると、「ううん。おとうさんとおかあさんに、おもちつきの話をしてる夢」。そして、きょう、保育園で六つもおもちを食べて帰って来ました。今夜こそ、おもちつきの夢を見られるかな?

ちなみに私の方は、ワイドショーと息子の発言に影響を受けたのか、ヨン様の夢を見てしまいました。夢の中で私は、今、極秘来日しているヨン様の受け入れ側のスタッフとして働いているのでした。ただ、近くで見ているだけなんですが、「大変だなあ」と思ったりして。

目が覚めると、ヨン様が非常に身近に感じられるから不思議です。なんだか好感まで抱いたりして。冬ソナも見たことないくせに。

夢