呉署の晋川尚人さん(西日本豪雨で行方不明)

きょう横浜の友人からラインが来た。かつて広島に暮らしていた頃の同級生の息子さんが、このたびの西日本豪雨で行方不明になっているのだとか。息子さんは呉署の警察官で、帰宅途中に熊野から矢野に抜ける道で土砂崩れに巻き込まれた人を助けているうちに流されてしまったという。

東日本大震災の時もそうだったけど、死者・行方不明者の人数だけ、毎日、ニュースで耳にするけれど、そのひとりひとりに家族や友達がいて、悲しみに暮れていらっしゃるのだと思うと、ただただ胸が痛む。突然、いなくなるなんて、本人も家族も、受け止められないだろう。

友人からのラインの最後には、毎日、息子さんを捜索に行っているという親御さんからのメッセージがあった。

最後の親ばか、息子の名誉をせめて拡散してください。

          呉署、晋川尚人。

 名前出してもらっていいです。

こうやって文字に残すことで、親御さんの思いがより一層、尚人さんに届きますように。

*2018年7月15日の記事「西日本豪雨で行方不明の呉署の晋川尚人さん(続報)

“呉署の晋川尚人さん(西日本豪雨で行方不明)” への8件の返信

  1. 同僚2人で 7名の方の命を守り 土石流に…と 知合い警察官の方に 聞きました。
    立派な行動をされたと思います。
    早く見つけてほしいです。涙がとまりません。

    同じ警察官の子を持つ 親としては 先輩の様な 行動が出来る 警察官になってほしいと思います。

    1. そのような状況だったのですね。
      私は晋川さんのことは存じ上げませんが、呉出身で、息子を持つ身として、堪らない気持ちでいっぱいです。
      でも、このお名前は決して忘れないと思います。
      改めて警察の方々に感謝しつつ、名越様のご子息様のご活躍もお祈りしています。

    2.  息子が警察官になりたいと言った時、えっ、なんで?と思いました。母親は一晩泣き明かしました。
       そんな息子は先日の大阪北部地震のときに朝、いろいろ心配したんでしょうか、寝間着のまま飛んで出て行きました。
      晋川尚人さん、山崎賢弘さんにはなんとか無事でいていただきたい。
      警察官になった息子の親として

      1. 警察、消防、自衛隊など、自らの命を張る覚悟で国民の安全を守るお仕事をされている方々、本当に感謝と尊敬の気持ちでいっぱいです。

        晋川さんと山埼さん、天使にさらわれていったのかしらと思います。

  2. 皆様、あいがとうございます。
    晋川尚人は私の甥です。
    道も寸断され、助けにいけない自分も情けなく感じてります。
    昔から甥は私の誇りでした。義兄に聞いたときは何がなんだか理解できませんでした。
    ずっと泣きとおしですが、昨日よりやっと自衛隊、消防、警察が派遣され、捜索されているみたいです。
    今頃・・・という気持ちですが、7人を助けた甥を立派に思っております。
    尚人の子も、大きくなって父さんを誇りに思ってくれるでしょう。
    一日でも早く見つけて欲しいです。

    ネットで情報を得ていると、ここにたどり着きました。
    お邪魔しました。皆様のお言葉嬉しく思っております。ありがとうございました。

    1. 先ほど、本日の読売新聞の記事を読み、詳細を知りました。
      晋川さん、山崎さんのお二方が、勤務時間外でも警察官として立派に任務を果たされたことがよくわかりました。
      尊い命、無念でなりませんが、早くみつけて、労ってあげたいですよね。
      早くご家族の元に戻っていらっしゃるよう、心より祈っております。

  3. 初めまして。どこかのニュースの記事で、この方の息子さんが5月で2才になったと見ました。私の息子も5月でちょうど2才になりました。なので、
    すごく、胸が痛みます。
    どうか 早く ご家族に会えますように。
    なにもできないですが 遠くからお祈りしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です